江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

深川門前仲町の名店の一つ「酒菜桃の木」で旬の春野菜や鱧・鮎等を頂きました。食材の味の引き立たせ方が素晴らしく、日本酒との相性も抜群です。

深川門前仲町の名店の一つ「酒菜桃の木」で旬の春野菜や鱧・鮎等を頂きました。食材の味の引き立たせ方が素晴らしく、日本酒との相性も抜群です。

夏が近づいてくるこの時期には、旬の食材として提供されるものも変わってきます。

 

そこで、今回は、江東区深川門前仲町にある名店の一つ「酒菜桃の木」にお邪魔してきました。

こちらは、大将と女将さんが接客をしてくれる、カウンターがメインのお店です。

 

いつもたいてい満席なので、来店するには、事前に予約の電話を入れておいた方が良いです。

 

毎年7月頃には、こちらのお店では、夏野菜や鱧、鮎、そしてその他の美味しい料理を頂く事が出来るので、待ちきれず、予約の電話を入れておきました。

 

当日は他の席はもちろん埋まっていました。

 

最初は美味しい生ビール。

美味しい。

 

グラがきちんと磨かれていて、生ビールの注ぎ方が上手だからこそ、ここまで美味しく頂けるのです。

 

先付けの茶碗蒸しと鯵の南蛮漬け。

茶碗蒸しはこちらのお通しの定番で、いつも趣向を変えていますが、今回は冷製で美味しいです。

 

もちろん、鯵の南蛮漬けも美味しいです。

 

ここで日本酒にチェンジです。

 

「七田の心」。

口あたりが良く、スッと飲めてしまったので、次の日本酒にチェンジですが、ネーミングに惹かれて、「ひと夏の恋」。

そして、刺身の盛り合わせ。

小肌や海峡サーモン・鯛も美味しいですが、

 

やはり、鱧です。

 

鮮度の良い状態で確かな技術で提供される刺身ですから、美味しいに決まっています。

 

次の日本酒は「媛一会」。

魚介類との相性が良いです。

 

そして、夏野菜の冷製。

 

食材の旨味を味わいながら、涼を感じさせてくれます。

 

次は、鮎の塩焼き。

焼き加減がちょうど良く、身の弾力が残っていて、甘みも感じられて美味しいです。

 

今回は、いつもどおりおまかせで料理を提供してもらっていますが、今回も大将のチョイスは素晴らしいです。

 

ここで、日本酒は「八仙」にチェンジ。

枝豆も甘くて美味いです。

この後は鯵フライ。

刺身でも十分頂ける鮮度の鯵をふっくらと揚げて頂くのですが、サクサクで鯵の甘みが引き出されていて本当に美味しいです。

 

もずく。

 

こちらも、トッピングされた野菜との相性抜群です。

 

締めは焼きおにぎりとお新香と味噌汁。

最初の一品から最後の一品まで大満足でした。

 

そんなに日をおかずに、次も来店する予感がします。

 

今回も美味しく頂く事が出来、ありがとうございました。

 

ごちそうさまでした。

「酒菜 桃の木」

 

URL:

http://monnaka-momonoki.com/

 

東京都江東区牡丹3-12-2ぼたん杉野ビル1階

 

03-3642-7102

Return Top