江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

都税を納付できるスマートフォンアプリが増えます

都税を納付できるスマートフォンアプリが増えます

税金を納税する際には、金融機関や郵便局の窓口で手続きをする、そして、インターネットバンキングやダイレクト納付、クレジットカードを利用するという方法が多いです。

なお、それぞれの納税方法に対応した税金が決まっているので、納税の際には予め確認する必要があります。

ところで、この納付については、現代にマッチした他の納付方法の充実も求められています。

その方法が、

スマートフォン(スマホ)決済による納付

です。

スマートフォン決済での納税は始まっています

実は、令和2年6月から、既にスマートフォンでの納税決済用のアプリは登場しています。

その時から現在までは、

Pay Pay

LINE Pay

で決済が出来るようになっています。

新型コロナウイルスの影響があるため、こうした非対面決済で、かつ、利便性の高い方法での納税はニーズが高いです。

そして、この度、この決済アプリのラインナップが増える事になりました。

令和3年5月6日から追加となる決済可能アプリ

au PAY

d払い

J-Coin Pay

PayB

モバイルレジ

スマートフォン決済可能な税金の種類

現時点では、

自動車税種別割

固定資産税・都市計画税(23区内)

固定資産税(償却資産)(23区内)

不動産取得税

個人事業税 等

となっています。

なお、納付書1枚あたりの合計金額が30万円までのバーコード印字がある納付書に限られます。
※au PAYについては、1枚あたりの合計金額が25万円までです・

まとめ

税金の納税方法は、金融機関等の窓口で手続きをする、そして、インターネットバンキングやダイレクト納付、クレジットカードを利用が多いですが、既に都税の一部では、スマートフォン決済アプリを使って納税が出来る税金もあります。

そして、令和3年5月6日からは、新たに決済アプリも追加となり、スマートフォンによる都税の納税の利便性が高まってきますので、これから納税される方は、ご自分に合った納税方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top