江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

【レターパックの便利な買い方】郵便局ネットショップを利用しました

【レターパックの便利な買い方】郵便局ネットショップを利用しました

新型コロナウイルスの影響により、仕事で直接書類を手渡しする機会が少なくなりました。

もちろん、データで送信できるものは、わざわざ紙で渡す必要はありませんが、原本を受け渡しするために書類を送付する機会もあり、今はその機会が増えます。

そして、宅急便やバイク便を使う会社もありますが、一番身近にある郵便局では、レターパックに注目が集まっています

レターパックの種類

レターパックには2種類あり、送付時の取扱いと料金は次のとおりです。

レターパックライト

送付物の制限:
厚さ3cm以内
重量4kg以内

送付先への渡し方

郵便受けへ届ける

料金:

1部370円

レターパックプラス

送付物の制限:
重量4kg以内
※レターパックライトと異なり、厚さ制限はありません

送付先への渡し方

・対面で届ける
・受取者から受領印又は署名をもらう

料金:

1部520円

レターパックを使っての送付方法

レターパックを購入する

送付物を封入する

郵便ポスト又は郵便局窓口から送付する
※一部のポストには投函出来ない場合があります

送付先に届ける

レターパック利用時の主な注意点

・現金を送ることはできません。
・損害賠償は行いません。
・海外あてとすることはできません。

その他、条件等がありますので、事前にレターパックを利用できるか等を確認するようにしましょう。

書留との違い

レターパックと書留では、送付物や賠償、相手先へ渡す方法、そして、料金等が異なります。

特に、料金では、レターパックの方が書留よりは料金が少なくすむ場合があるので、用途等に応じて使い分けた方が良いです。

郵便局ネットショップを利用してみました

レターパックは、郵便局はもちろん、コンビニ等の郵便切手類販売所でも購入する事が出来ますが、今回は、郵便局ネットショップで買い物をしてみました

ネットショップはこちらの郵便局ホームページからになり、

レターパックについては、その中から、

レターパックライトの場合

レターパックプラスの場合

で注文します。

なお、この郵便局ネットショップの利用が初めてで、ネットショップIDを持っていない場合には、新規会員登録をします。

そして、その後に所定の入力やクリックをすると、実際の購入画面に進みますが、この際の注意点は、

20部セット単位での注文

になります。

そのため、最小購入価格としては、

レターパックライトは、
370円×20部=7,400円

レターパックプラスは、
520円×20部=10,400円

となります。

また、注文数については、1回での注文は一人50点(1,000部)までとなります。

そして、送料については、届け先ごと全国一律720円(税込)ですが、届け先ごとの注文金額が5,000円以上の場合は、送料の負担はありません。

支払について

クレジットやその他いくつかの方法による事が出来ます。

 

商品到着まで

所定の日数がかかるので、入手したい日から逆算して、余裕をもって注文しましょう。

レターパックが届きました

今回は、レターパックライトを20部注文しました。

受取の際には、郵便局担配送担当の方が届けてくれます。

段ボールに入った状態で、段ボールを開けると、きちんとまとめて封がしてあります。

郵便局やコンビニに行かなくても、こうして買い物ができるので便利です。

まとめ

新型コロナウイルスの影響が出ている中で、書類を直接渡す事が出来ない場合には、レターパックが多く活用されます。

そして、レターパックの購入には、便利な郵便局ネットショップを利用すれば、インターネット上の注文だけで届けてくれます。

感染対策と利便性のアップにも繋がりますので、郵便局ネットショップを利用してみてはいかがでしょうか。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top