江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

2020年1月14日にWindows7のサポートが終了しましたが、経理や税金関係の業務で確認が必要な内容をご紹介します

2020年1月14日にWindows7のサポートが終了しましたが、経理や税金関係の業務で確認が必要な内容をご紹介します

2020年1月14日にWindows7のサポートが終了しました

パソコンを起動すると、Microsoftからのメッセージで、2020年1月14日にWindows7のサポートが終了する旨の表示がされてきます。

そして、本日は、2020年1月15日で、Windows7のサポートが終了したという事になり、Microsoftからも案内が出ています。

専門家からは、Windows7のサポート終了にともなう対応を案内しているところもありますが、Windows7のサポートが終了すると、どのような事になるのか、そして、経理や税務ではどのような対応が必要となるのでしょうか。

Windows7のサポートが終了しても、ソフトウエアは引き続き作動します

ところで、まず、Windows7のサポートが終了すると、パソコンは正常に作動しないのではないのかという心配がありますが、その部分はどのようになっているのでしょうか。

これについて、Microsoftのホームページでは、次のような案内が本日時点で掲載されています。

Windows 7 コンピュータは 2020 年 1 月 14 日に動かなくなってしまうのですか?

いいえ。Windows 7 のサポートが中止されるだけで、ソフトウェアは引き続き動作します。2020 年 1 月 14 日以降には、コンピューターで Windows 7 を実行していても、セキュリティ更新ができなくなります。したがって、Windows 10 などの最新のオペレーティングシステムに移行することが重要です。最新のセキュリティ更新プログラムによって、ユーザーとデータの安全性が守られます。さらに、Microsoft カスタマーサービスではこれ以降、Windows 7 のテクニカルサポートを提供いたしません。

この記載のとおり、セキュリティ更新が出来ず、Windows7のテクニカルサポートが提供されなくなります。

そして、セキュリティ更新が出来ないという事は、セキュリティの面でリスクが発生するという事です。

それでは、ここからは、実際にどのような対応が必要なのかを見ていきましょう。

普段使用しているアプリケーションが正常に作動するのか、パソコンからアクセスしていたサイトでの作業が正常におこなわれるのか等を確認する

パソコンには、多くのアプリケーションがインストールされていると思います。

その中で、経理に関係するものといえば、

会計ソフト:インストール型やダウンロード型のものや、クラウド型ものもあり、経営数値を集計して、毎月の決算や年度決算処理をします

請求書発行ソフト:請求書の発行や、売掛金の消込などの資金管理をおこないます

ERPソフト:各関係部署とERP等で連携して、経理データを集計できるようになっているものがあります
なお、社内開発以外にも、SAP等、外部からていきょうされたシステムを使っている場合もあります

税金関連ソフト:確定申告書類の作成や税金計算、償却資産の申告、年末調整など、税金に関する計算や書類作成・申告手続きをおこないます

その他にも、いくつものソフトが作動している場合があると思います。

そして、Windows7のサポート終了があると、通常は、各々のソフトのベンダーが以前より、Windows7のサポートが終了する事による今後の対処法を案内しているはずです。

そのため、その各ベンダーの案内に合わせて対応し、必要に応じて問い合わせをするようにしましょう。

そして、パソコンから所定のサイトにアクセスして作業をする場合に、Windows7搭載の場合には、正常作動しない場合があるかもしれませんので、その確認もしましょう。

パソコンのデータバックアップを速やかにおこないましょう

Windows7が搭載されているパソコンの場合には、Windows7のサポート終了にともない、不具合が出る可能性もあります。

そのため、パソコンに収納されているデータバックアップを速やかにおこないましょう。

Windows10へのアップグレードやパソコンの新規購入の検討を速やかにしましょう

既に、本日現在ではWindows7のサポートが終了していますが、状況によっては、Windows10へのアップグレードが出来るかもしれません。

そこで、Windows10へのアップグレードをおこなったり、Windows10が搭載されているパソコンの新規購入を速やかに検討しましょう。

なお、以下Microsoftホームページに、Windows7のWindows10への無料アップグレードに関する現時点での案内が掲載されています。

Windows 7 を Windows 10 に無料でアップグレードできますか?

Windows 10 の最初のリリース時にはプロモーションの無料アップグレード提供がありましたが、2016 年 7 月 29 日をもって終了しております。

現在では購入していただくか、お使いのデバイスに Windows 10 をダウンロードしていただくことができます。ただし、ご使用のコンピューターが 3 年以内の製品でなければ、新しいデバイスへのアップグレードをご検討いただくこともできます。現在お使いの PC が作業速度の低下を招いてしまう前に、処理速度やセキュリティが向上し、Windows 10 が提供する必須の新機能対応したコンピューターを見つけるお手伝いをさせていただきます。

お客様のニーズや予算に合わせたベストな PC を見つけるお手伝いをさせていただきます。

なお、Windows7のWindows10への無料アップグレードについては条件が決まっているので、無料アップグレードを検討している場合には、無料アップグレードが出来るのか、そして、出来ない場合には、どのように対応するのかを確認するようにしましょう。

まとめ

このように、Windows7のサポートが終了する事により、Microsoftからのサポートは終了し、セキュリティ面のリスクがカバーできなくなり、そして、各プログラムの正常作動が保証されない等のマイナス面が出る場合があります。

そして、Windows10へのアップグレードをするにしても、今まで使用していたアプリケーションが正常作動するのか、そして、パソコンからアクセスしていたサイトでの作業を今までしていた場合には、アップグレード後も正常に作業できるのか等を事前確認しなければなりません。

その他にも、事前に確認しなければならない事がありますので、今までパソコンで作業していた一つ一つの業務がWindows7のサポートが終了してどのような不具合が発生するのか、そして、Windows10へのアップグレードをした場合には、アップグレード前のデータ移行や各アプリケーションの作動等が問題なく保証されているのかを確認するようにしましょう。

既に対応されている場合は良いですが、日常業務にリソースを取られてしまい、Windows7のサポート終了対応まで現時点で対応できていない場合には、速やかにご確認される事をおすすめします。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top