江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

江東区森下で美味しい魚介類を頂くなら「季助」です。

割烹・料亭で賑わっていた風情の残る場所に「季助」はあります

江東区内には、色々な用事ででかけます。
森下もその地域のうちの一つです。

バブル全盛期の頃は、割烹・料亭が立ち並び、連日連夜賑わいを見せていました。
しかし、バブル経済が弾け、店主の高齢化と事業承継などもあり、今では、店じまいをして、街並みも随分と変わりました。

それでも、森下には当時の風情が残り、心地良い雰囲気を感じさせてくれるお店があります。
そのお店のうちの一軒がこちらの「季助」です。

場所は、都営大江戸線又は都営新宿線森下駅から徒歩数分のところにあり、新大橋通りと清澄通りの交差点近くの新大橋通り沿いにあります。

お店の目印をなる看板はこちらです。

店内の雰囲気は清潔感と落ち着きを感じさせてくれます

実は、こちらのお店は少し前に改装しています。
今回は、他のお客さんも多くいたので、店内の写真はありませんが、きちんと内装工事がいき渡っていて、広々と、そして、清潔感を感じさせてくれます。
カウンター席とテーブル席があり、カウンター席は10席くらい、テーブル席は4~5テーブルくらいといった感じです。

新鮮な魚介類がイチオシのお店です

こちらのお店は、本当に美味しい魚介類を仕入れています。

改装前は、新鮮な魚介類がカウンターに鎮座していて、それを見ているだけでも楽しかったです。
改装後は鎮座していることはありませんが、新鮮な魚介類が提供される事に変わりはありません。

今回は、ラストオーダー30分くらい前の入店だったため、いくつかまとめて注文です。

鮪の脳天

鮪は赤身・中トロが好きで、大トロはあまり脂が乗りすぎていないくらいものが好きです。
脳天は、この脂が乗りすぎていない大トロに近いです。
甘みがあって美味しいです。

サザエのお造り

大きいサザエの身を包丁でさばいて提供してくれます。
磯の風味とコリコリした食感、肝と頂くとその塩梅も抜群です。


このコリコリ感が好きな方は多い筈です。

生牡蠣

この牡蠣が驚きでした。
甘みの濃さが違います。
牡蠣の味を例える時に「ミルキー」という言葉が使われたりしますが、こちらの牡蠣は、まさに「濃厚なミルキー」を感じさせてくれます。
そして、牡蠣の場合には、こうして、包丁を入れてないで、提供してもらうのが一番美味しいです。
包丁を入れると、そこから旨味が出てしまうような感じがするので、贅沢ですが、この牡蠣を丸ごと口に入れて、ひと口で頂きます。
本当に驚きの味でした。

ところで、お酒のラインナップが昔と変わったようです。

以前は、日本酒の種類が豊富だったと思いますが、今では、メニューに並んでいるのは、数種類に限られています。
ラストオーダーまで時間がなかったので、確認はしなかったので、ひょっとしたら、別の日本酒リストがあるのかもしれません。

常連のお客さんが多いです

お店の雰囲気と魚介類の味に惹かれてリピーターになっていると思いますが、森下界隈でこれだけの魚介類を提供してくれるお店は少ないです。
値段も少し張りますが、十分元の取れる値段設定だと思います。

今回は、少しの時間の滞在でしたが、次回はゆるりと過ごしたいです。
ごちそうさまでした。

「季助」
03-3635-5426
東京都江東区森下2-17-7

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top