江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

午堂登紀雄氏著「人生の質を上げる孤独をたのしむ力」の書評第一弾です。

著書

午堂登紀雄氏の著書は、経済やお金に関する内容を午堂氏ならではの視点で書かれていてよく読んでいますが、

今手に取っている著書は、ジャンルが異なりますが、この

 

「人生の質を上げる孤独をたのしむ力」

 

は参考になる事もあり、書評という形でブログに掲載いたします。

 

今の時代は、SNSやスマートフォンの普及によって、

 

誰かと繋がっている

 

という状況が絶え間なく続いています。

 

すると、繋がっている状況が合わないという人が出てきますが、そのような人はどうなってしまうのでしょうか。

 

そこで、この現代だからこそ、

 

「孤独力」

 

が求めらると午堂氏は書いています。

 

 

そして、孤独力とは、

 

社会生活の中で多くの人と関わりながらも、常に自分の意志を主軸に置いて、自己責任で生きようとする姿勢と考えています。

 

それには、

 

内省

 

が必要と考えています。

 

この内省は高度な知的作業であり、

 

自分の価値観を受け入れて、

 

それをベースに経験を振り返って分析し、

 

思考体系と行動体系を軌道修正し、

 

自らを成長させていく作業

 

になります。

 

そして、もちろん、孤独とは、ネガティブなものではなく、ポジティブなものととらえ、

精神的に成熟するために、

 

いかに孤独を使いこなし、心の成長を獲得していくかのメソッドも紹介しています。

 

内容は、

 

先程ご紹介した内省を含め、いくつかの章から構成されていて、参考となる内容がいくつもありました。

 

今の時代は、SNSでは「リア充」を感じさせる投稿が多いですが、ひとりひとりの「リア充」はもちろん異なります。

 

大勢の人たちと楽しく過ごす「リア充」もありますが、

 

ひとりで有意義な時間を過ごす「リア充」もあります。

 

素晴らしい人生を送るには、このひとりで有意義な時間をどのように過ごすのかが大切だと思いますが、この本は、いくつもの気付きを与えてくれます。

 

次回も、この本のご紹介をさせて頂きます。

Return Top