江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

会社を創業したら、窓口だけの付き合いではなく、担当者の方を付けてくれる金融機関を選定しましょう。

チャート

 

会社を起業・開業すると、株式会社や合同会社などであれば、最初に出資した資本金・出資金を預け入れる口座を開設しなければならないため、金融機関を選定する事となります。

 

そして、金融機関を選定する際には、どのように選定したら良いのか、迷われる事と思います。

 

都市銀行が良いのか、それとも、地方銀行や信用金庫・信用組合が良いのか、それとも、比較的数年前から台頭しているインターネット銀行が良いのか。

 

口座であれば、通常は普通預金口座を開設しますが、当座預金口座も開設した方が良いのか。

 

会社から近い金融機関が良いのか、それとも、自宅から近い金融機関が良いのか。

 

会社はこれから永く続くので、利便性の良い金融機関で口座を開設するのが一番です。

 

そこで、金融機関選定のポイントの一つが、

 

「担当者の方とお話が出来る金融機関を選定する」

 

という事です。

 

経営者であれば、お金に関する学びは絶対に必要です。

 

単純に日々の資金繰りが問題なく、会社にお金が残るようにするといっても、お金の事を知っているのと、そうでないのとでは、効率性・正確性に差が出ます。

 

必ずお金の事を学ぶ必要がありますが、その時に頼りになるのが、金融機関です。

 

そして、窓口で支払いだけをする時だけ金融機関と接点があるのでは、お金の学びの機会が殆どありません。

 

そこで、おすすめなのが、金融機関の担当者を付けてもらうのです。

会社創業時に口座開設をする際には、金融機関内で審査があります。

 

これは、その会社に口座を開設して大丈夫かという事などを審査するのです。

 

社会通念上、合法的な会社であって、他の地域の支店でなくても良いのか等を検討しますが、それと合わせて、支店内では、その会社に担当者を付けた方が良いのかも考えます。

 

会社にとって、支店にとってプラスとなるのであれば、担当者を付ける事となりますが、最初の口座開設時には、担当者の話まで及ばない事もあります。

 

そこで、

 

「今後も貴行と末永くお付き合いしたいので、担当の方をご紹介頂けないでしょうか」

 

「毎月積立をしたいので、営業担当者の方に集金に来てもらえないでしょうか」

 

というように、自ら働きかけるのです。

 

そうすれば、担当者の方と接点を持つことが出来、定期的にお話を聞く事が出来るような一歩を踏み出すことが出来ます。

 

もちろん、支店にとっても、大切な戦力である担当者を付けるわけですから、その支店にプラスとなるような事をするのも必要です。

 

最初はどのように話したら良いのか戸惑う事も多いと思いますが、素直に考えをぶつければ、きちんと対応してくれるはずです。

 

その後は、担当者に重い負担となり過ぎないように接点を持ち、お金の事を学ばせてもらえば良いのです。

 

ところで、この金融機関選定で担当者の方を付けてもらうにあたってですが、実際は、地域と密接な結びつきがある、信用金庫や信用組合の方が寄り添ってくれる場合が多いです。

 

都市銀行や地方銀行では、どうしても行内慣行で、会社の規模や業績、自行のメリットなどから、ハードルが高い場合があります。

 

もちろん、そうでないケースもありますが、会社側にとってして欲しいサービスと金融機関側が提供したいサービスが合わないと、お互いにメリットが生まれませんので、注意が必要です。

 

このように、金融機関の選定は、会社の成長及び発展にとって重要なポイントとなりますので、これから選定される会社様は、是非じっくりと検討して、そして、ご不明点等ありましたら、お気軽に弊所までお問い合わせ下さい。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top