江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

令和4年度雇用保険料の料率変更は2回行われるので、注意点をご案内します。

令和4年度雇用保険料の料率変更は2回行われるので、注意点をご案内します。

雇用保険料の料率が令和4年4月1日から変更になるとの案内が厚生労働省ホームページで公開されていますが、

今回の変更にあたっては、

4月1日からの変更

10月1日からの変更

の2段階がありますので、注意が必要です。

弊所・弊所自身でも、もちろん給与計算を行っていますので、その際の留意すべき点を

こちらで共有させて頂きたいと思います。

令和4年度は2段階での変更です

料率変更は、次の期間毎に行われます。

令和4年4月1日から令和4年9月30日

令和4年10月1日から令和5年3月31日

令和4年4月1日から令和4年9月30日の変更

事業主負担の雇用保険料率が変更になります。

※労働者負担の料率は変更になりません。

令和4年10月1日から令和5年3月31日の変更

労働者負担と事業主負担の両方の保険料率が変更になります。

変更前後の料率

1. 事業主負担の変更概要

変更前 令和4年4月1日から令和4年9月30日 令和4年10月1日から令和5年3月31日
一般の事業 6/1,000 6.5/1,000 8.5/1,000
一定の農林水産・清酒製造の事業 7/1,000 7.5/1,000 9.5/1,000
建設の事業 8.5/1,000 8.5/1,000 10.5/1,000

労働者負担の変更概要

変更前 令和4年4月1日から令和4年9月30日 令和4年10月1日から令和5年3月31日
一般の事業 3/1,000 3/1,000 5/1,000
一定の農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 4/1,000 6/1,000

その他

上述以外にも、個別の状況に応じて確認が必要となる場合がありますので、詳細は、社会保険労務士等の専門家に確認をしましょう。

まとめ

令和4年度の雇用保険料率は、2回にわたって変更が行われます。

労働者負担と事業主負担の料率変更を間違えないように、事前のチェックが必要ですので、留意点等は社会保険労務士等の専門家に確認しましょう。

 

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top