江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

株式会社ビズアップ総研様運営の税理士.chにて、連載執筆記事「2021年4月から!収益認識に関する会計基準」の第4回である、 収益認識に関する会計基準~基本的な取引以外のケースについての事例~ が掲載されました。

株式会社ビズアップ総研様運営の税理士.chにて、連載執筆記事「2021年4月から!収益認識に関する会計基準」の第4回である、 収益認識に関する会計基準~基本的な取引以外のケースについての事例~  が掲載されました。

株式会社ビズアップ総研様運営の税理士.chにて、連載執筆記事「2021年4月から!収益認識に関する会計基準」を執筆させて頂いています。

先日までは、次の第1~3回のテーマを取り上げていました。

第1回:収益認識に関する会計基準が公表されるに至った経緯と適用時期・適用対象

第2回:従来の会計基準からの変更点と収益認識に関する会計基準の概要等

第3回:基本的な取引についての事例

そして、この度、第4回として、

基本的な取引以外のケースについての事例

が掲載されました。

記事の内容は、パソコンだけでなく、スマートフォンでも読みやすい内容となっています。

収益認識に関する会計基準については、上場企業や上場準備会社、その他公認会計士が監査の入っている会社等では、どのように自社に適用するのかという課題に取り組んでいます。

もちろん、上記以外の会社でも収益認識に関する会計基準が関係する場合も業務上であるかもしれませんので、経理担当者や経理責任者の方等の中でご興味のある方は是非ご覧下さい。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top