江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

【酒菜桃の木】江東区深川門前仲町の名店で美味しい春の料理と酒を頂きました

【酒菜桃の木】江東区深川門前仲町の名店で美味しい春の料理と酒を頂きました

東西線又は都営大江戸線の門前仲町より徒歩数分のところに、激戦区の地域の中でもファンから愛されているお店があります。

開店して10年と数か月が経ち、競合が多い深川門前仲町でも評判のお店です。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された先日に、こちらのお店にお邪魔しました。

酒菜桃の木

10年以上経った今でも、綺麗な佇まいです。

この暖簾をくぐると、美味しい料理と酒が待っています。

この時期なので、出来る限りお客さんが少ない時間となるよう、開店間もない時間に予約を入れました。

いつも温かく大将と女将さんが迎えてくれます。

居酒屋という言葉のイメージが合うお店ではなく、旬の食材を料理して美味しく提供してくれる和食料理のお店でしょうか。

しかも、比較的リーズナブルに提供してくれます。

新型コロナウイルスの感染対策もしっかりしています

お客さんが安心して過ごせるように、席数を通常より減らして、客同士の間隔を空け、そして、マスク着用や消毒薬使用も徹底しています。

お任せコースで頂きます

たいていは、こちらでは、一品ずつをアラカルトで注文する事はせず、その日のおススメのようなものを大将にチョイスしてもらうようにしたいので、お任せでお願いします。

メニューでお任せは5,000円以上から受け付けると書いています。

今回は、あまり長居はしないようにしたかったので、6,000円でのお任せでオーダーです。

先付は煮こごりと茶碗蒸し

こちらでは、先付けから本格的です。

今回は、山菜も入っている煮こごりです。

プルンとした食感と山菜の味がマッチしています。

そして、茶碗蒸し。

茶碗蒸しは、いつも提供されますが、旬を感じさせてくれます。

今回は、桜があしらってあります。

桜の香りを楽しみながら、美味しい茶碗蒸しが頂けます。

最初から贅沢なラインナップです。

刺身の盛り合わせ

豊洲市場からの鮮度の良い魚介類を使って調理してくれます。

盛り付けのセンスも良いです。

鯖、烏賊、鯛、鰹のラインナップです。

一人前でこのボリュームは嬉しいです。

写真から分かるように、美味しいです。

熱燗

比較的涼しかったので、菊正宗の熱燗を頂きます。

好みのお猪口をチョイスして、チェイサーのお水も頂きます。

蕗と筍の料理

この料理も毎年の楽しみです。

驚くほど、出汁が蕗にしみています。

実は、蕗は苦手ですが、こちらの蕗は美味しく頂けます。

調理する人の腕で、蕗の良さがこれだけ引き出されるのかが実感できます。

筍の甘さと食感も良く、一緒に入っている鱈子も美味しいです。

焼き魚

コースの中盤頃にたいてい登場します。

身も弾力があり、旨味が凝縮されています。

日本酒との相性も抜群です。

春野菜の天麩羅盛り合わせ

毎年の楽しみです。

こちらで春野菜の天麩羅を頂くと、春が到来したと感じます。

旬の山菜や野菜を使った揚げたての天麩羅は格別に美味しいです。

好みに応じて塩とタレで頂きます。

国産の鮟肝

飲食店で鮟肝を注文する事がありますが、酒菜桃の木で頂く鮟肝は美味しいです。

大将に聞いたところ、国産の鮟肝との事です。

そして、味付の塩梅も良く、鮟肝ならではの味が五感で楽しめます。

締めのカラスミ入りのおにぎり

最後は御新香とおにぎりです。

カラスミは好きで、こうしておにぎりの具材としての相性も抜群なのが分かります。

まとめ

この時期なので、開店間もない時間から滞在時間は一時間くらいでした。

最初から最後まで手抜かりなく、旬の食材の美味しさを引き出した料理は、江東区深川門前仲町界隈でも群を抜いています。

心地良い店内で、美味しい料理と酒を頂くと、帰りの足取りも軽やかになります。

ごちそうさまでした。

「酒菜 桃の木」

東京都江東区牡丹3-12-2ぼたん杉野ビル1階

電話:03-3642-7102

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top