江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

【江東区ふるさと納税】令和3年4月より、「渋沢栄一と江東区とのつながりを発信するプロジェクトのために」が追加されます

【江東区ふるさと納税】令和3年4月より、「渋沢栄一と江東区とのつながりを発信するプロジェクトのために」が追加されます

江東区でのふるさと納税

ふるさと納税というと、日本全国での市区町村等に寄附をする事により、返礼品を受け取るのをイメージしますが、ふるさと納税というのは、寄附金の制度の一つですので、各地域の事業に対して寄附をするという一面があります。

そして、江東区でも、こちらのホームページでふるさと納税を案内しています。

なお、江東区では、この寄附金の使い道としては、次のとおり案内をしています。

 

1、 新型コロナウイルス感染症対策のために
医療の現場に必要な防護服、マスク等を始めとした物資の購入費など、区民の安全・安心そして生活を守るために必要な取り組みに活用します。

2、無料学習支援教室のために
経済的事情により塾に通えないこどもたちに対して、無料学習教室を開催します。

3、がんになっても“生きがい”を持つために
「夜間相談事業」に充て、少しでもほっとした時間が過ごしてもらえるために活用します。

4、障害者スポーツの振興のために
「障害者スポーツフェスタこうとう」の開催経費に活用します。

 

その他、次の事業にも寄附金としての使い道を選択する事ができます。

・学校教育

・子育て支援

・高齢者福祉

・障害者福祉

・環境対策

・水とみどりのまちづくり

・防災対策

・健康増進

・地域振興

・スポーツ振興

・その他

令和3年4月より、江東区ふるさと納税活用事業が追加となります

そして、上記の江東区ふるさと納税以外に、

「渋沢栄一と江東区とのつながりを発信するプロジェクトのために」

が追加になります。

これは、渋沢栄一氏が江東区と縁がある事から、渋沢栄一氏と江東区の繋がりをPRして、江東区内のゆかりの地に銘板を設置するなどをして、観光振興及び産業振興に繋げようというものです。

まとめ

江東区でもふるさと納税制度は充実していますが、この度、令和3年4月より、「渋沢栄一と江東区とのつながりを発信するプロジェクトのために」が追加される事になりました。

このふるさと納税制度を通じて、渋沢栄一氏の事をより知って頂き、そして、江東区の地域振興に繋げて頂きたいです。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top