江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

「Go To Eatキャンペーン事業」も良いですが、江東区内の商店でお得な買い物ができる「こうとうDE元気!お買い物券2020」も素晴らしいです

「Go To Eatキャンペーン事業」も良いですが、江東区内の商店でお得な買い物ができる「こうとうDE元気!お買い物券2020」も素晴らしいです

新型コロナウイルスの影響により、行政では多くの業界支援策を実行しています

新型コロナウイルスにより、今までのように飲食店や小売店等に消費者が足を運んで、お金を使う機会が減りました。

半年前と比較して、客足が戻ってきたといっても、まだまだ通常の状態に戻らない店舗もあります。

その中で、飲食店むけに展開された施策として、「Go To Eatキャンペーン事業」があります。

これは、

1、登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行

地域の飲食店で使える、プレミアム付食事券を各都道府県等の単位で販売します。

といったものや、

2、オンライン飲食予約の利用によるポイント付与

オンライン飲食予約サイト経由で、キャンペーン期間中に予約・来店をしたお客様に対し、次回以降にキャンペーン参加飲食店で利用できるポイントを付与します。
GoToEatキャンペーンを利用する場合は、付与ポイント以上の飲食が必要となります。

があります。

飲食店と消費者双方にとってメリットのある事業で、現在いくつかの課題も出ていますが、今後も改善を重ねながら、有意義な事業となっていく事を願っています。

国を挙げての業界支援策なので、一日でも早い業績回復が待たれますが、一方で、江東区でも、支援策が実施されていますが、その中でも注目されているものがあります。

令和2年度プレミアム付江東区内共通商品券の販売が実施されました

江東区では、以前も優待商品券を販売していましたが、今年もあらたな商品券を販売しました。

「こうとうDE元気!お買い物券2020」

です。

これは、以前のブログでも一部ご案内しましたが、1冊10,000円の販売価格で額面が12,000円のものを購入する事が出来るものです。

つまり、

「10,000円で購入した商品券で12,000円分の買い物ができる」

というものです。

「Go To Eatキャンペーン事業」とは実施内容はもちろん異なりますが、プレミアが付いて、江東区内の店舗で利用する事により、界隈の応援に繋がるのです。

この商品券は、期間限定、数量限定であり、既に、申込数が販売予定数に達したために、申し込みは終了となっています。

「こうとうDE元気!お買い物券2020」をGetしました

ところで、先日、こちらのプレミア付き商品券の購入申し込みを以前にしたところ、幸運にも販売予定数量内の申し込みだったため、無事Get出来ました。

 

これは、江東区から、通知のはがきが来ることにより分かります。

そして、この「こうとうDE元気!お買い物券2020」を実際に購入するには、指定郵便局で手続きをします。

その際には、この通知はがきと購入金額を郵便局窓口に渡すと、「こうとうDE元気!お買い物券2020」が引き渡されます。

窓口でも、このようにPR活動のサポートをしています。

(もちろん、窓口の方にご了承の上、写真を撮っています)

そして、購入した「こうとうDE元気!お買い物券2020」はこちらです。

江東区の観光キャラクターのコトミちゃんが印刷されています。

そして、こちらと一緒に、この商品券が使用できる江東区内の取扱い店舗一覧が掲載された紙面を頂きました。

有効期間は令和2年8月3日から令和3年1月31日です

今回は、遅めの購入だったため、すでに有効期間を約3か月経過しているので、令和3年1月31日まではあと少しです。

また、こちらの商品券は、利用時にはお釣りは出ませんので、注意が必要です。

まとめ

新型コロナウイルスの影響により、行政施策として、飲食店向けに「Go To Eatキャンペーン事業」を展開していますが、江東区でも有意義な施策を実施しています。

それが、「こうとうDE元気!お買い物券2020」の販売です。

以前も江東区内では商品券が販売されていましたが、今回は昨年までとは状況が異なっていて、この利用が、江東区内の店舗を応援する事に繋がりますので、購入できたこの商品券をどのように使ったのかをご紹介したいと思います。

そして、今こうして「こうとうDE元気!お買い物券2020」を利用する店舗をチョイスするのも楽しいです。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top