江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

江東区初出店の「名代富士そば」は、テイクアウトでも美味しく頂く事が出来ます

江東区初出店の「名代富士そば」は、テイクアウトでも美味しく頂く事が出来ます

この時期は、不要不急の外出は控えるようにしても、どうしても、会社で仕事をしなければならない事もあります。

そのため、ランチは、今までは外出の移動先で食べたりしますが、会社内で食べるのが多くなります。

界隈で気軽にテイクアウトを出来るお店で買い物をして、持ち帰る人もよく見かけます。

もちろん、感染防止対策をしっかりしているお店で店内飲食が出来る場合もありますが、今までテイクアウトで買い物をしていた人にとっては、初めてテイクアウト販売を始めたお店で買い物出来るのも楽しみとしてあります。

そこで、弊社界隈の江東区東陽町でテイクアウトで買い物ができたお店をご紹介します。

名代富士そば

立ち食い蕎麦を食べるならこのお店という方もたくさんいます。

言わずと知れた、有名立ち食い蕎麦屋チェーン店です。

レシピもしっかりしていて、味の安定感もあり、多くの富士そばファンがいて、私もその一人です。

この富士そばが、先日、弊社所在の江東区東陽町にオープンしました。

ちなみに、富士そばは江東区の出店は東陽町店が初なのです。

近隣の駅から途中下車して食べに来る人もいるはずです。

場所が、永代通り沿いにあり、東京メトロ東西線東陽町駅よりすぐそばのところにあります。

好立地も手伝って、多くの利用客が出ると思われていましたが、新型コロナウイルスの影響があり、今までとは状況が異なってしまいます。

名代富士そばはテイクアウトも充実しています

当日は、テイクアウトできるものがあるのか店員さんに聞いたところ、テイクアウトも大丈夫との事でした。

この富士そば東陽町店は初来店だったので、こうして初回利用するとは思ってもみませんでした。

今回はランチでの利用でしたが、既に注文するものは決まっています。

カレーライスも美味しいお店なので、カレーライスと暖かいかけそばのセットを注文です。

店内は、オープンしてそんなに経っていないからだけでなく、日頃からの清掃が行き届いているからだと思いますが、綺麗で清潔感があります。

テイクアウトを注文しているのは私だけですが、この時期はテイクアウトの利用客は多いようです。

テイクアウトして美味しく頂きました

カレーライスとかけそばは、もちろん別々の容器で入っていて、割りばしとプラスチックのスプーンと一緒にビニール袋に入れて手渡されます。

暖かい蕎麦なので、さっそく社内で早く頂きます。

蕎麦つゆの香りは、まぎれもなく名代富士そばの香りです。

カレーライスも美味しいです。

多くの競合がいる立ち食い蕎麦業界ですが、安定の味と美味しさがあります。

次回は店内で頂きます

立ち食い蕎麦好きなので、富士そばをこの時期にテイクアウトで利用出来て大変助かっています。

しかし、一方で、富士そばさんもテイクアウトならではの苦労があるはずです。

店内飲食と同じ料金設定するのであれば、持ち帰り用の容器代やビニール袋など、今まではかかっていなかったコストが発生します。

テイクアウトの利用が増えれば、その分コスト増になってしまいます。

そして、店内のオペレーションも変更しなければなりません。

この状況の中で、こうして美味しい料理を提供してくれるのは嬉しいです。

なかなかランチをゆっくり食べる事が出来ずにテイクアウトせざるを得ない状況ですが、新型コロナウイルスの影響がなくなり、そして、時間をしっかり取ってランチを頂く日が来たら、名代富士そばの店内で美味しく頂きます。

といっても、繁盛店ですから、長居は無粋です。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top