江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

江東区木場公園でのランニングは、季節の草花や景色に恵まれで快適に走る事ができます

江東区木場公園でのランニングは、季節の草花や景色に恵まれで快適に走る事ができます

弊所近くにある木場公園は、いつもランナーが気持ち良さそうに走っています

弊所は、江東区東陽町にありますが、そこから歩いて10分くらいのところに木場公園があります。

木場公園という大きな橋が2つの木場公園を繋いでいて、全周は2~3KMくらいはあると思います。

そして、いつも木場公園では、深夜・早朝・日中を問わず、ランナーが走っています。

ランナーが走るという事は、木場公園が走りやすいコースになっているというのが理由にあります。

ランナーは、車はもちろん、歩行者などにも気を配り走るので、道幅が狭い場所では、スピードを上げる事が出来ず、また、公園内の距離が短すぎると、何度も往復をしたりしなければならないので、それもあまり走るのに適していません。

木場公園は、どの道も走りやすい設計になっています

そこで、木場公園では、どのランニングコースも幅を広めにとっているので、歩行者や自転車とすれ違うのに、十分な道幅があります。

そのため、ランナーと歩行者・自転車運転者とがすれ違う際には、ストレスを感じる事もありません。

これは、木場公園が広大な敷地であり、園内を散策しながら歩く人やランニングする人たちが快適に過ごす事が出来る設計になっているからです。

そのため、いつもランナーが走っていて、私もその一人です。

木場公園近くには、東京都現代美術館があります

木場公園は、電車で来るには、東西線木場駅か、都営大江戸線又は半蔵門線の清澄白河駅になります。

そして、清澄白河駅から来る場合には、木場公園の入り口近くに、有名な東京都現代美術館があります。

こちらは、年間を通じて多くの美術品が展示され、イベントも多く開催されていて、開館中は、多くの来館者が訪れていて、界隈も活況になります。

そのため、来館者は、木場公園も散策しながら、美術鑑賞を楽しむ事が出来ます。

ちなみに、今開催されているイベントは、上記の写真のとおりです。

また、東京都現代美術館は、家族連れも多いです。

ところで、子どもの場合には、どうしても美術鑑賞は飽きてしまいがちです。

そんな時には、こちらの芸術品を楽しみながら子どもが触れる事が出来るようになっています。

アンソニー・カロ氏作の「発見の塔」です。

この発見の塔は、時間帯によっては、中に入って登ったりする事が出来るので、子ども達が楽しそうにこの塔で遊んでいます。

この美術館の横の道も走りやすいコースになっています。

木場公園内には、四季に応じて、素敵な草花を愛でる事が出来ます

木場公園内を走ると、四季の移り変わりを感じる事が出来ます。

それは、公園内には、いたるところに草花や樹木が植えられており、この草花や樹木から、季節の移り変わりを感じる事が出来、また、自然の美しさに触れる事が出来るのです。

この時期は、紅葉はもちろんですが、銀杏や今ならでは綺麗に咲き誇る花も見る事が出来ます。

木場公園は、ボランティアの方が、公園内の草花や樹木の手入れをして下さっているので、いつも来園者が気持ち良く自然を堪能できるようになっています。

また、都市緑化植物園もあり、この中でも、たくさんの草花を愛でる事が出来ます。

木場公園は、バーベキュー広場としても有名です

この時期は少なくなりましたが、春や秋になると、バーベキュー広場で週末の日中は、美味しい肉や野菜などを焼いた香りが走っていると漂ってきます。

そして、今年からは、バーベキュー食材等を提供する店舗がリニューアルされました。

また、コンパクトなコンビニエンスストアも出来たので、バーベキュー利用者だけでなく、来園者にとっても利便性のある施設になりました。

今回も、心地良く、木場公園を走る事が出来ました

いつも、木場公園を一周くらい走って、心身をリフレッシュするようにしています。

この一周をする間には、今ならでは草花や樹木を愛でて、ゆったりとしたペースで走ると、本当に気持ち良いです。

ハイレベルではなく、軽く気持ち良く走れれば良いので、そのような走りにも適した公園です。

これから走り終えた後にも、やりたい事がたくさんありますが、スッキリした気持ちで取り組めそうです。

木場公園

江東区木場四・五丁目・平野四丁目

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top