江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

来年の秋も楽しみの味です。江東区深川にある酒菜「桃の木」の絶品マツタケの土瓶蒸しやカワハギ、秋の旬の味を今年も楽しむ事が出来ました。

来年の秋も楽しみの味です。江東区深川にある酒菜「桃の木」の絶品マツタケの土瓶蒸しやカワハギ、秋の旬の味を今年も楽しむ事が出来ました。

酒菜「桃の木」は、江東区深川門前仲町で美味しい料理と酒を頂ける名店です

江東区門前仲町駅から富岡八幡宮方面に向かって歩き、その通りの反対側の近くにそのお店はあります。

酒菜「桃の木」

飲食店激戦区の門前仲町の飲食店街からは少し離れた閑静な場所にありますが、そのお店は、以前から食通の間でも評判のお店でした。

魚介類や山の幸などの旬の食材を確かな技術で提供し、料理と合う酒のリストアップも信頼されていて、連日こちらのお店の味を堪能しようとお客さんが訪れます。

秋の季節ならではの美味しい食材を調理して提供してくれます

そして、今回は11月の訪問でしたが、この秋が深まった時期ならではの、海の幸・山の幸を頂く事が出来ます。

この時期の食材といえば、

松茸

カワハギ

秋刀魚

などが浮かびます。

そして、こちらにお邪魔する時は、お任せで料理をオーダーしていますが、今回は何が提供されるのかが楽しみです。

最初は、生ビールと美味しいお通しを頂きます

生ビールはもちろん、磨き上げられたグラスで泡のバランスを考えて提供してくれるので、申し分ない美味しさです。

そして、こちらのお通しは、名物でもある茶碗蒸しです。

この茶碗蒸しは、その時によって出汁や具材が違い、また、冷製で提供される時もあります。

今回の茶碗蒸しも期待通りの美味しさです。

そして、もう一つのお通しは柿です。

こちらも、カラダが喜ぶ味になっています。

たいていのお客さんは、このお通しを頂くとテンションが上がります。

刺身の盛り合わせは、カワハギ・小肌・鮪・貝です

最初のお任せの一品は、こちらでは、刺身の盛り合わせに決まっています。

今回は、楽しみにしていたカワハギの肝醤油和えもつけてもらいます。

もちろん、写真のとおり、全部美味しいです。

そして、日本酒は、奥播磨を頂きます

次の旬の食材は、秋刀魚の塩焼きです

今年の秋刀魚は不漁といわれていましたが、もちろん、こちらのお店ではきちんと頂く事が出来ます。

焼き加減が絶妙な秋刀魚をたっぷりの大根おろしで頂きます。

今年の秋刀魚も美味しいです。

毎年楽しみの松茸の土瓶蒸しです

秋の山の幸といえば、松茸の土瓶蒸しです。

土瓶蒸しのお出汁を頂きながら、土瓶の中の旬の具材を一つずつ頂きますが、本当に美味しいです。

出汁加減と食材の歯ごたえや風味のバランスなど、絶妙です。

この時期に桃の木に来るお客さんのほとんどが注文する一品(逸品)です。

ここで、日本酒を「幻」にチェンジです。

野菜の煮物です

オクラや蒟蒻・人参・里芋などの食材を程良い味加減で提供してくれます。

カラダが喜んでいるのが分かります。

お任せ料理の中でこの一皿を提供してくれるのは嬉しいです。

椎茸の揚げ物です

椎茸の香りと風味をそのまま残して、歯応えも楽しめる美味しい一皿です。

これだけの料理を当たり前のように提供しくれるので、素晴らしいです。

フグのひれ酒を頂きます

桃の木では、フグのひれ酒も美味しいです。

フグひれの味と香りが楽しめるよう、焦げ目を少し入れながら美味しく提供してくれます。

ついつい継ぎ酒を頂いてしまいます。

そして、煮こごりもひれ酒との相性抜群です。

締めは、雑炊です

締めの料理はその時によって、焼きおにぎりであったりする時もありますが、今回は、雑炊です。

牡蠣やなめこ・椎茸・卵などが入っています。

カラダが温まり、ホッとする味です。

最初から最後まで外さない味です。

来年の秋が楽しみです

こちらのお店では四季の移り変わりを食材を通して感じる事が出来、そして、その食材を美味しく頂く事で食べる事の楽しみを堪能する事が出来ます。

毎年ファンが増えるので、予約が取り難くなってきていると思いますが、来年も必ずお邪魔します。

ご馳走様でした。

酒菜「桃の木」

東京都江東区牡丹3-12-2ぼたん杉野ビル1階

03-3642-7102

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top