江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

キッチン南海の両国店と神保町店の定食を二日連続で堪能する事が出来ました。至極の味が色褪せる事はありません。

キッチン南海の両国店と神保町店の定食を二日連続で堪能する事が出来ました。至極の味が色褪せる事はありません。

今週は、両国と神保町に行く日が続けてありました

イベントに来場するため、そして、セミナーに参加するため、今週は両国と神保町に続けて行く用事がありました。

それぞれのイベントやセミナーは有意義なものになりましたが、ところで、両国と神保町には、共通点があるのをご存知でしょうか。

両国と神保町には、あの名店の「キッチン南海」があります

両国は、たまに訪れる用事があるのですが、実は、キッチン南海があるのを気付くのが遅く、知人の紹介で知りました。

場所は、総武線両国駅近くの大通りより少し内側に入った場所にあります。

気付くのが遅く、残念でしたが、キッチン南海が両国にあるのを知った日からは、両国に行くと、キッチン南海にはよくお邪魔するようになりました。

そして、神保町ですが、学生時代は、よく神保町に行っていました。

神保町は学生の街として、昔から知られていて、大学生時代は、書店街沿いにある神保町店に足を運んでいました。

そして、学生時代当時は今から30年前くらいですが、その頃から、神保町に行くと楽しみにしていたことがありました。

それが、キッチン南海で食事をする事でした。

こちらのキッチン南海は、神保町界隈では、知る人ぞ知るお店という感じの有名店で、いつも、開店30分前くらいからお店の前には行列が出来ています。

その行列に並んで、当日に食べるメニューを考えながら、美味しい定食が提供されるのを待つのが楽しみでした。

社会人になった今でも、神保町で食事をする時は、定番という事でキッチン南海をチョイスしてしまいます。

今週は両国と神保町を二日連続で訪問するので、キッチン南海各店の味を堪能しました

両国と神保町に行って食事をする時間があるのであれば、やっぱりキッチン南海を外すことはできません。

ということで、最初は両国、そして、次の日に神保町の各店舗に行ってきました。

両国店はランチ時の入店でした

両国店は、総武線両国駅から国技館通りを京葉通りに向かって歩いて、京葉通りの手前近くにあり、このような案内袖看板が目印です。

この目印となっている建物の路地に入るとすぐそばにあります。

店構えに歴史を感じます。

時間は13時前でしたが、運良く並ばずに入店出来ました。

こちらは、定食メニューがカレー・カツ・串カツ・生姜焼きをメインとしています。

ランチの忙しさがひと段落したような店内の雰囲気です。

厨房とホールで一人ずつ店員さんがいらっしゃいます。

両国店は落ち着いた雰囲気で、店内の椅子も隣席と間隔に余裕があり、ゆったりして食事が出来ます。

生姜焼き定食は定番の美味しさですが、ご飯の盛り付けがかなりの大盛りでした

今回は、大好きな生姜焼きを食べたかったので、迷わず生姜焼き定食を注文しました。

そして、間もなく料理が運ばれてきたのですが、そのご飯の量に驚きました。

明らかに超大盛です。

普通のライスの2倍はありそうな量です。

ちょうどお腹が空いていたので、問題ない量ですが、小食の方やご飯の量を控えたいという方は、必ず、最初にご飯の量を指定しましょう。

そして、生姜焼きです。

玉ねぎと生姜焼きのバランスが良く、ご飯との相性は抜群です。

そして、付け合わせのスパゲッティーも多く盛り付けられていて、食べ応えがあります。

この味はクセになります。

ゆるりと流れる時間を、美味しい定食を頂きながら過ごせるのは嬉しいです。

おかげで、この後のイベントにも、元気に参加できます。

ご馳走様でした。

キッチン南海両国店

東京都墨田区両国2-14-8

神保町店は、夕飯時の入店でした

神保町店は、セミナーの終了後、次の用事の合間に行ってきました。

こちらは、本当に30年近くお世話になっているお店なので、神保町に行くと、無意識のうちに足がこちらに向いてしまうほどです。

当日は、8人くらいの行列ができていたので、そちらに並んで入店を待ちます。

行列に並んでも、回転率が速いので、そんなに待たずに入店出来ます

こちらのお店では、厨房に3名、ホールに2名くらいの店員さんが切り盛りをしていて、接客もスピーディーで、お客さんも、行列が出来ているのが分かっているので、食事を終了したら、ほとんどの方は早めに退店します。

そのため、今回は行列に並んでいても、10分くらいで入店できるほどですので、行列に並ぶのが苦手な私でも苦になりません。

ちなみに、行列がいつも絶えないので、周囲の店舗に迷惑にならないように、Uターンで行列ができます。

チキンカツと生姜焼きのセットを注文しました

行列に並んで、そろそろ入店という頃に、厨房の店員さんから注文を聞かれます。

前日は生姜焼きを頂いたのですが、どうしてもチキンカツと生姜焼きのセットを食べたかったので、その定食を注文です。

店内では奥のカウンター席に座って料理が運ばれてくるのを待ちます。

メニューはこちらです。

ちなみに、隣の席に座っているお客さんは、なんと、カツカレーとチキンカツの単品を食べています。

さすがに私はそこまで食べられませんので、驚いてしまいます。

至福の味です

料理が運ばれてきました。

この盛り付けは昔から変わっていません。

チキンカツは脂身が少なく、そして、生姜焼きと玉ねぎの焼き加減と味付けのバランスが抜群で、スパゲッティーの付け合わせもベストマッチです。

ご飯の量は普通盛りです。

料理の味も昔と変わっていません。

本当に美味しいです。

私の中では、今も変わらず大好きなお店です。

この味なら、毎日でも頂きたいです。

そして、このブログを書いていると、その時の味を思い出して、口の中に唾液が溜まってきます。

味の細かい説明はいりません。

神保町に行ったら、絶対に外せないお店です。

ごちそうさまでした。

キッチン南海神保町店

東京都千代田区神田神保町1-5

両店舗とも、店内の雰囲気と味が最高でした

今回は、幸運にも2店舗を連続して訪問できましたが、同じキッチン南海でも、店舗の雰囲気や味付けも異なります。

しかし、それぞれに良さがあり、いつまでもリピーターでいたいと思わせるものがたくさんあります。

来年も再来年も、そして、その先ずっと訪れたいお店です。

ごちそうさまでした。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top