江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

会社設立の際に必要な印鑑やゴム印にはどのようなものがあるのかをご案内致します。

会社設立の際に必要な印鑑やゴム印にはどのようなものがあるのかをご案内致します。

「起業」「開業」「創業」「開店」などといった言葉で、会社を設立する事が多いですが、会社設立にあたり、いくつものやらなければならない事があります。

 

そして、その中の一つに、

 

「印鑑やゴム印を準備する」

 

という事があります。

 

今ではIT化が進み、アナログではなく、デジタルで文書作成・管理をする事が多くなってきましたが、100%IT化が出来たかというとそうではありません。

 

官公署むけの所定の書類作成や金融機関での手続きなど、まだまだIT化しなければならない事はたくさんあります。

 

そして、会社を設立するにあたり、どのような印鑑やゴム印が必要なのかをご案内致します。

 

最初に印鑑ですが、

 

1、実印

 

2、銀行印

 

3、角印

 

などが挙げられます。

 

実印については、会社の設立登記申請にあたり、必要であり、契約書や覚書などでも状況に応じて捺印が必要となります。

諸法令で、実印の法的効力などが規定されていますが、概して、重要書類に捺印する際に用いられる印鑑です。

 

銀行印については、多くの金融機関で口座開設時や窓口での諸手続きの際に必要なものになります。

 

角印ですが、こちらは、最近では少なくなりましたが、請求書や納品書・領収書などに捺印するもので、会社名が刻印されていますが、四角形に近いフォルムになっています。

今では、角印のような表示を請求書や納品書・領収書などの作成ソフトで表示できるものも多くなっていて、これらの書類の出力時に自動的に角印形式で表示されます。

会社が必ず用意しなければならないかというと、そういうものではありません。

 

また、その他に業務上印鑑が登場するケースとしては、宅急便の荷物が送られてきたときに受領印が求められるため、その際に捺印する担当者のスタンプがあったり、

年末調整時に対象従業員が作成する扶養控除等申告書などの書類に捺印する個人の三文判があります。

このスタンプについては、会社で支給される場合があり、三文判については、従業員が自身で用意する方法等があります。

 

次に、ゴム印ですが、こちらはどのようなものかというと、

会社名、所在地、電話番号、FAX番号、代表者肩書、代表者名などが表記されているもので、手書きではなく、ゴム印で捺印する事により、

効率化を図ったり、文字を分かり易く統一する時に用いられます。

 

そして、ゴム印の場合には、会社名や所在地などを各々独立したゴム印として使用できるようにして、会社名だけが必要な場合や電話番号だけが必要な場合に使ったり、

また、これらをジョイント式で臨機応変に一つの配列にまとめて捺印するのがおすすめです。

 

このゴム印は絶対必要というものでがありませんが、取引先からペーパーで所定の書式での記入を求められた場合に、

ゴム印で対応できるものは対応して、書類作成の工数を軽減するのにも用いられるので、こちらも多くの会社が用意しています。

 

 

このように、会社設立時に必要な印鑑とゴム印がありますが、その中でも会社にとって必要でない印鑑やゴム印もある場合があり、

また、その他にも会社によっては準備した方が良い形式の印鑑やゴム印が必要となる場合も想定されますので、これから会社を設立される方は、事前に確認される事をおすすめします。

Return Top