江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

給与が増えても手元にお金が残らない理由があります。今回はその理由の一つをおしらせします。

給与が増えても手元にお金が残らない理由があります。今回はその理由の一つをおしらせします。

昇進をして給与が増えたり、新規で大型案件を受注して売上が増えて給与が増えれば、手元に残るお金も増える筈ですが、実際にはそんなに増えず、又は、逆に減ってしまうことがありますが、それはなぜでしょうか。

 

せっかく頑張って給与が増えたのに、手元にお金が残らないのでは、モチベーションも上りません。

 

うまくいかないのであれば、うまくいかない理由があります。

 

今回はその理由の一つをご案内します。

 

それは、意識が変わり、一つ上、少し上の消費(又は浪費)をするようになるからです。

 

収入が増えると、それに応じた生活をしたくなります。

 

スーパーで肉を買うにしても、いつもより高い肉を買って、いつもより美味しい料理を頂いたり、

 

普段はあまり外食をしないけれども、料金の高いお店を予約して、美味しいコース料理を堪能したり、

 

いつもより旅行の回数を増やして、各地の観光をしたり、

 

そのような生活をすれば、どのようになるでしょうか。

 

 

例えば、賞与などの固定給与以外がなく、毎月の給与が50万円のところ、60万円になった場合を例に考えてみます。

 

年間給与が600万円のところ、720万円になります。

 

社会保険料や税金などで差し引かれるものがないと仮定した場合、給与は1.2倍になります。

 

しかし、そのうちの0.2倍相当の昇給額100万円以上を使ってしまったら、どうなってしまうのでしょうか。

 

スーパーでいつも買う肉が300円のところ400円の肉を買っていれば、当初給与の1.2倍以上の出費となります。

 

国内旅行は、いつもひとりあたり3万円でのパッケージ旅行のところ、5万円での旅行プランに切り替えれば、こちらも、当初給与の1.2倍以上の出費になります。

 

「いままで我慢してきたんだから、少しぐらい自分達にご褒美をあげたい」

 

もちろん、モチベーションを上げて、より一層頑張る糧にすれば良いのですが、このような生活を毎日続けていればどうなるのでしょうか。

 

収入が増えた以上のレベルでの出費を続けていれば、必ず、今まで以上にお金が残らなくなってしまいます。

 

これは、どんどん収入が増えた場合にもあてはまるのです。

 

収入が増えれば、自分のステータスを上げて、ステータスの高い人と付き合い、更に収入を増やして、その相乗効果を出すという考えもありますが、そのような事が実際に出来る人は数少ないです。

 

意思を強く持って、そのように行動する事も大切ですが、将来計画を設計するにあたり、お金をどれだけ手元に残して、どれだけ有効的に投資をするのかを考えなければなりません。

 

増えた収入以上に出費をしていれば、必ず手元のキャッシュは減るのです。

 

これから消費税も増税となります。

 

家計の負担を考えた時、今までの収支と現在の収支の比較をして、これからの生活に活かしてみてはいかがでしょうか。

 

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top