江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

江東区情報

Category
事業成長のポイントの一つは、毎月の経営数値の見込値と実績値を比較する事です。

事業成長のポイントの一つは、毎月の経営数値の見込値と実績値を比較する事です。

事業成長のポイントの一つは、毎月の経営数値の見込値と実績値を比較する事です。 見込値と実績値を比較するからこそ見えてくるものがあるのです。 これらの分析作業は、経営者にとって必須の仕事でもありますので、最初のうちはできる範囲で初めて、その効果を実感したら、更にそのやり方をアレンジして、経営分析の有効度を高めて頂くの...
消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅪ:一定の定期新聞購読についても、軽減税率の対象になりますが、スポーツ新聞の購読についても軽減税率の対象となるのかにつき、ご案内致します。

消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅪ:一定の定期新聞購読についても、軽減税率の対象になりますが、スポーツ新聞の...

新聞の定期購読について、どのような「新聞」が軽減税率の適用対象となるのかにつきご案内致します。 軽減税率の適用対象となる「新聞」とは、定期購読契約が締結された週2回以上発行され、一定の題号を用いて、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載するものが該当します。(定期購読契約とは、その新聞を購読しようとする...
消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅩ:テーマパークや遊園地・動物園などの大型レジャー施設での食べ歩きなどでも、消費税の軽減税率が関係してきます。今回は、このような大型施設での飲食料品の販売に関する軽減税率の適用の有無につきご案内致します。

消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅩ:テーマパークや遊園地・動物園などの大型レジャー施設での食べ歩きなどでも、...

テーマパークや遊園地・動物園などでは、施設内で飲食料品を頂くときには、どのようなケースがあるのかというと、レストラン内で飲食する、売店で購入し売店が設置したベンチなどで飲食する、売店で購入し食べ歩きするというようなことがあります。 そして、これらの飲食形態によって、消費税の軽減税率の対象となる場合とならない場合があり...
「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録件数は、7月30日現在で約24万件です。今後は地図上にも加盟店の掲載が掲載される予定であり、プロモーションも進んできますので、決済事業者経由での本事業参加登録手続きがまだの方は、早めにご対応をお願い致します。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録件数は、7月30日現在で約24万件です。今後は地図上にも加盟店の掲載が...

「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録件数は、7月30日現在で約24万件です。 今後は地図上にも加盟店の掲載が掲載される予定であり、プロモーションも進んできますので、決済事業者経由での本事業参加登録手続きがまだの方は、早めにご対応をお願い致します。
素敵な雰囲気のカフェで美味しい食事と飲み物を頂くなら「ル・カフェ・デ・トロワフレール」です。心が満たされた気分になります。

素敵な雰囲気のカフェで美味しい食事と飲み物を頂くなら「ル・カフェ・デ・トロワフレール」です。心が満たされた気分になり...

いつも来店するのが楽しみなお店がいくつかありますが、カフェであれば、迷わずこちらのお店です。   「ル・カフェ・デ・トロワフレール」   場所は、東西線の東陽町駅と木場駅の中間くらいにあり、街の喧騒から少し離れたところにあります。   一度来店したお客さんは、リピーターになるカフェです。 ...
会社設立の際に必要な印鑑やゴム印にはどのようなものがあるのかをご案内致します。

会社設立の際に必要な印鑑やゴム印にはどのようなものがあるのかをご案内致します。

今ではIT化が進み、アナログではなく、デジタルで文書作成・管理をする事が多くなってきましたが、100%IT化が出来たかというとそうではありません。 官公署むけの所定の書類作成や金融機関での手続きなど、まだまだIT化しなければならない事はたくさんあります。 そして、会社を設立するにあたり、どのような印鑑やゴム印が必要...
消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅩ:コンビニエンスストアのイートインスペースで飲食するのか、又は、持ち帰りのいずれかの意思確認をするには、「イートインコーナーを利用する場合には、お申し出ください」という表記がポイントになります。

消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅩ:コンビニエンスストアのイートインスペースで飲食するのか、又は、持ち帰りの...

消費税の軽減税率の対象となる飲食料品は、食品表示法に規定する食品(酒類を除きます)をいい、一定の要件を満たす一体資産を含みます。 そして、消費税の軽減税率の適用対象とならない「食事の提供」とは、飲食設備のある場所において飲食料品を飲食させる役務の提供をいいます。 そこで、コンビニエンスストアの場合には、イートインス...
消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅨ:「食玩」は、軽減税率の対象になるのかをご案内します。

消費税の軽減税率制度に関するご案内パートⅨ:「食玩」は、軽減税率の対象になるのかをご案内します。

昔から、お菓子を買うときなどに、おまけが付いていて、そのおまけを目当てにお菓子を買うという方も多かったと思います。 ところで、このような食玩は、コンビニエンスストアやスーパーや物販店などで販売されていますが、この販売は、消費税の軽減税率の対象となるのでしょうか。
Return Top