江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

自動車税(種別割)の令和3年度納税通知書が5月6日(木)より発送されます

自動車税(種別割)の令和3年度納税通知書が5月6日(木)より発送されます

自動車に乗っていると色々な税金が課税されますが、そのうちの一つに、

自動車税種別割

があります。

自動車税種別割について

自動車税府別割は、自動車を

「所有」

している事により課税される税金です。

そして、納税の対象者は、

・4月1日現在で三輪以上の小型自動車、普通自動車(特殊自動車を除く。)の所有者として自動車検査証(車検証)に記載されている方です。

・なお、割賦販売等で売主が自動車の所有権を留保している場合は、使用者として自動車検査証(車検証)に記載されている方が対象となります。

 

ちなみに、購入したり、廃車にした場合等については、次のとおりとなります。

購入(新規登録)の場合

登録月の翌月から年度末までの月数で課税されます。

廃車(消滅)の場合

4月から消滅(抹消登録)の月までの月数で課税されます。

その他、所有者変更や転出・転入があった場合には、別途取扱いがされています。

自動車税(種別割)の納税方法が便利になりました

以前は、納税通知書が送られてくると、最寄りの金融機関や郵便局に足を運んで納税の手続きをしましたが、今では、次のような方法でも納税できるようになりました。

クレジットカード納付

スマートフォン決済アプリによる納付

ペイジー(インターネットバンキング・モバイルバンキング・ATM)による納付

詳細は東京都主税局のこちらのページに記載されていますが、自社に合った効率的な方法で納税すれば、わざわざ時間をかけずに済むので、是非納税方法を検討しましょう。

令和3年度の納税通知書の発送予定日と納期限

令和3年度も自動車税(種別割)の納税の時期が近づいてきました。

今年度は、

納税通知書の発送日はゴールデンウィーク明けの5月6日(木)です。

また、

納期限は、5月31日(月)です。

詳細は、東京都主税局のこちらのページに掲載されています。

まとめ

自動車税(種別割)の令和3年度納税通知書が5月6日(木)より発送され、納期限は5月31日(月)です。

クレジットカードやスマートフォン決済アプリ、ペイジー(インターネットバンキング・モバイルバンキング・ATM)による納税もできるようになりましたので、効率的な納税方法をチョイスして、納期限までに納税しましょう。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top