江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

朝イチ時間活用のメリットをご案内します

朝イチ時間活用のメリットをご案内します

目覚めは一日の始まりです

私の場合は、たいてい一晩寝ると、前日の検討事項のヒントが浮かんだり、思考回路が整理されています。

おそらく、寝ている時に、無意識のうちに脳内で思考が整理され、疲労も解消されて、心身がリフレッシュされているからなんだと思います。

そして、また一日が始まりますが、その一日の間に色々な事が起こります。

その中で、思考をフル活用して決断する事もあれば、パソコンの前で作業をしなければならない場合もあり、一日を効率的に過ごせるように稼働させます。。

すると、夜になると、心身に多少の疲れが出ます。

夜は心身を休ませる時間です

夜になると集中力が増すという人もいますが、生活サイクルとして、夜寝て朝起きるというのが、生理学的にも良いという話です。

そのため、夜に頑張って集中力が必要とする仕事も良いですが、一日頑張った心身を休めて、睡眠に移行するべきです。

そして、先述のように、寝ている間に、無意識下で思考が整理され、心身の疲労が解消されるのです。

朝イチは、集中力を発揮しやすい時間帯です

起床時と就寝時には何が一番違うのかというと、脳に入ってくる情報量です。

夜は一日の情報が頭の中に残っていますが、朝は、思考回路が整理されているので、一日の情報をこれからインプットする状態です。

つまり、

朝は思考がスッキリしているので、タスクの進捗がすこぶる速くなるのです。

そこで、この朝の時間を活用しない手はありません。

朝イチ時間の活用法

ところで、朝イチといっても、出来るだけ脳内がクリアな状態でワーク出来るようにした方が良いので、出来る限り、その時点で情報は入れない方が良いでしょう。

例えば、テレビを観たり、スマホでインターネットのサイトをチェックしたり。

何も情報を入れていない状態で、集中してやりたかったタスクをするのです。

その時には、

勉強などのインプット

その日一日の仕事のシミュレーション

執筆やレポート作成などのアウトプット

朝イチの時間が1時間しか取れないとしても、日中や夜の1.5-2倍くらいの成果が出る事も多いです。

それだけ、朝イチ時間の活用は素晴らしいのです。

自分に合った朝イチ時間帯を見つける

しかし、朝イチの時間といっても、人によって一日の過ごし方は異なり、起床時間や起床後の過ごし方も違います。

そこで、自分に合った朝イチの時間を創りましょう。

例えば、

自室での朝食までの時間

通勤電車内での時間

出社前のカフェなどで過ごす時間

会社近くの公園のベンチで座って過ごす時間

出来る限り脳内がクリアになっている状態がベストですが、なかなか難しいので、それに近い状態に持って行くのが大切です。

まとめ

朝イチの時間は、思考回路が整理されていて、情報がまだ入っていない状態で、タスクをスピーディーに進めるには最適な時間帯です。

朝イチの時間が30分だけの確保だとしても、1年間で182.5時間(0.5時間×365日)です。

朝イチ時間の過ごし方が、今後の成長の成否を決めるといっても過言ではありません。

最初は15分くらいでも良いので、朝イチ時間の効果を実感して、スキルアップや業績アップを目指しましょう。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top