江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

江東区清澄白河にある、気軽に入店できる洋食店「実用洋食 七福」に行ってきました

江東区清澄白河にある、気軽に入店できる洋食店「実用洋食 七福」に行ってきました

洋食店のメニューは子どもの頃から好きなものがたくさんあります

家族で洋食店に行くと、子どもが喜ぶメニューが並んでいます。

オムライス

カレーライス

カツ丼

親子丼

ラーメン

コロッケ

生姜焼き

鳥の唐揚げ

メニューを見ていても飽きず、なかなか食べたいものが決まらない事もあります。

そして、大人になってくると、食べたいものも少しずつ変わります。

しかし、たまには、洋食を食べたくなるものです。

イタリアンやフレンチ等といった料理ではなく、

「洋食」

です。

昔に戻ったような気分でメニューを見ていて、ワクワクするようなことが大人になってもあるはずです。

そこで、今回は、そんな気分が味わえるお店に行ってきました。

「実用洋食 七福」

半蔵門線又は都営大江戸線の清澄白河駅、都営新宿線の菊川駅より徒歩10~15分くらいのところに、その洋食店はあります。

ちょうど、三つ目通りと清洲橋交差点のところにあり、交差点で信号待ちをしている人は、ついついお店の外観に見入ってしまいます。

こちらが、その「実用洋食 七福」の暖簾です。

おそらく、今年の入店は1-2月以来なので、8-9か月振りです。

いつも入店時には既に多くのお客さんがいるので断念する事もありましたが、今回は、遅めの入店だったので、運良く席に着く事が出来ました。

他のお客さんがいるので写真はなるべく控えるようにしましたが、店内にはテレビがあり、そして、雑誌もあるので、料理を注文してからの時間を持て余す事はないです。

そして、壁にはメニューが書かれています。

ところで、こちらのお店は、以前に一度リニューアルしているので、店内は明るく、スッキリしています。

メニューの中から、今回は何を選ぼうかと考えながら、とりあえずの瓶ビール。

上ポークソテーの単品を頂きました

今回は、ライスは抜きにしようと考えましたので、オムライスやカツ丼、カレーライスは選択肢からは外れます。

そして、おかずのみの単品でもしっかりと食べられるものとなると、こちらの名物料理の一つである、

上ポークソテー

です。

肉厚で、そして、ジューシーです。

しかも、洋食店によっては、単品メニューのボリュームが少ない事もありますが、こちらでは、食べ応えのあるサイズです。

きちんとナイフとフォークもあるので、ナイフを入れるとこれだけの肉厚なのが分かります。

もちろん、ビールとの相性も抜群です。

値段もリーズナブルで、他の洋食店で頂くと、おそらく、1.5-2倍くらいの値段になるはずです。

これだけ美味しい料理をこうして気軽に頂けるのは嬉しいです。

まとめ

江東区清澄白河にある洋食店は「実用洋食」とうたっているだけあって、皆が食べたい洋食を美味しく提供してくれます。

今度、コスパの良い美味しい洋食を食べたくなったら、「実用洋食 七福」に足を運んでみたらいかがでしょうか。

ごちそうさまでした。

「実用洋食 七福」

東京都江東区白河3-9-13

03-3641-9312

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top