江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

弊所弊所事務所通信更新しました。今回のテーマは、「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」と令和2年度税制改正です。

弊所弊所事務所通信更新しました。今回のテーマは、「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」と令和2年度税制改正です。

いわゆる「中小企業者等」といわれる法人については、

「取得価額が30万円未満の減価償却資産」を

事業の用に供した場合に、

一定の要件に該当すれば、

その取得価額に相当する金額を損金の額に算入する事が出来ます。

この特例制度は、「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」ともいわれ、特例の適用を受けている法人も多いです。

そこで、その内容及び令和2年度税制改正に関する関連事項も含めて、弊所事務所通信にてご案内していますので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top