江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

失敗の積み重ねが成功を導く事もあります。新たなチャレンジの成功には、トライ&エラーの繰り返しが必要です。

花

今年もあと少しになりました。

 

この時期になると、来年の計画を立て、2019年を新たな飛躍の年にしようと考えている方が多いと思います。

 

ところで、この計画には目標となるゴールを設定して、そのゴールに至るプロセスをどのように設定して、途中で軌道修正をするという作業がポイントになります。

 

そこで、せっかく頑張っても成果が出ない事があります。

 

なぜ、うまくいかないのだろう。

 

ここの部分をきちんと考えるのを失念していた。

 

うまくいかない原因を突き詰めていくと、その原因が明らかとなります。

 

そして、

 

この計画にはやっぱり無理があったんだから、やめようかな。

 

といった事を考えてしまうケースがあります。

 

ここで、あきらめてしまうと、その計画が達成する事はありえません、

 

もちろん、勇気ある決断での撤退は時には必要ですが、絶対に達成しなければならない計画の場合は、ここであきらめて良いのでしょうか。

 

 

そこで、このような時は、トライ&エラーを意識しましょう。

 

うまくいかないときは改善点を見つけ出して対策を施して前進し、次にうまくいかなくなったときには、また改善してトライを繰り返すという事です。

 

PDCAサイクルという言葉とも関係しますが、

 

成功に至る道筋は目に見えるものではなく、一歩一歩進んでいく中で道を切り開いていくのです。

 

そのために、100%うまくいくプロセスは誰も保証できません。

 

うまくいかない時どうするのかが成功の鍵となるのです。

 

例えば、新商品の開発をしていた場合は、試作の段階で数多くの失敗が発生します。

 

そして、技術者や製造現場の方々は、その失敗を活かします。

 

一つの製品を世に送り出すのに、1,000回の失敗が発生する事もあるのです。

 

失敗の積み重ねが成功を導く事もあるのです。

 

あきらめず、逃げ出さず、常に前進する姿勢が成功の確率を上げる事が出来るのです。

記事執筆者

税理士 佐藤充宏
東京都江東区で税理士事務所及びファイナンスコンサルティング会社を経営している佐藤充宏と申します。

弊所webサイトはこちらですので、よろしければ是非お立ち寄り下さい。
Return Top