江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

この時期ならではの絶品の真ツブ貝や相並などを江東区の名店「旬材ふかがわ真一門」にて頂いてきました。

この時期ならではの絶品の真ツブ貝や相並などを江東区の名店「旬材ふかがわ真一門」にて頂いてきました。

海の幸や山の幸は、旬のものをその美味しさを引き出した料理で頂くのが一番です。

 

という事は、上質の食材を仕入れて、そして、料理人の技術がしっかりしているお店に行くのが安心です。

 

弊所界隈にもいくつものジャンルの美味しい料理を提供してくれるお店がありますが、その中でも、旬の海の幸と山の幸を楽しむんでしたら、こちらの、

 

「旬材ふかがわ真一門」

 

です。

場所は、東西線東陽町駅と木場駅の中間地点くらいの場所にあり、それぞれの駅から、徒歩10分ちょっとのところにあります。

 

先日もお邪魔しましたが、今回は仕事がひと段落したので、こういう時は美味しい料理を頂きたいと思い、来店しました。

 

こちらのお店は、旬の食材を提供してくれるので、いつお邪魔しても美味しく頂く事が出来ます。

 

いつもは最初は生ビールですが、今回は、最初から日本酒です。

 

お通しの蛍烏賊の酢味噌和えと「五橋」を頂きながらメニューを見ると、先日に引き続き相並がありました。

 

相並の弾力と甘さは素晴らしく、この時期ならではの魚なので、メニューにあったら、必ず注文します。

当たり前ですが、素晴らしい美味しさです。

もちろん、刺身の盛り合わせの形式で、いくつもの魚介をチョイスして注文する事も出来ますが、せっかくなので、一品注文です。

 

日本酒は「天寿」にチェンジです。

そして、次はツブ貝の一品料理です。

おそらく、こうしてツブ貝を頂くのは初めてだと思います。

 

いつもは、刺身が皿に並べられますが、このように貝殻と肝も一緒に豪勢に盛り付けられるのはなかったと思います。

 

また、これだけ立派なツブ貝を頂いた事はありません。

 

大将に聞くと、このツブ貝は「真ツブ貝」で、しかも、大きい部類のものであり、肝も提供されるとの事です。

 

他のお店でツブ貝として提供されているものは、真ツブ貝ではないのかもしれません。

 

頂いてみると、磯の香りが口の中に広がり、そして、甘みがあって美味しいです。

 

これは絶品です。

 

そして、肝も一緒に頂きますが、肝独特の濃厚な味が刺身とマッチしています。

 

しかも、見た目も素晴らしいです。

 

立派な貝殻に盛り付けされていると、ついつい写真を撮ってしまう人も多いと思います。

 

これは注文しない手はありません。

 

これだけの真ツブ貝は、この値段ではなかなか頂けないと思います。

 

ここで、日本酒のおかわりです。

 

「宗玄」

こちらの日本酒は本当に料理との相性が抜群です。

 

大将と利き酒師の女将さんと一緒にチョイスしているそうです。

 

 

牛肉ロースト。

肉ならではの旨味が楽しめます。

 

もちろん美味しいです。

 

店内の雰囲気も良く、料理と酒も美味しいので、常連客が多いのもうなづけます。

今回も美味しい料理とお酒を堪能させて頂き、ありがとうございました。

 

ごちそう様でした。

 

「旬材ふかがわ真一門」

ホームページ:

https://maitimon.owst.jp/

 

Facebookページ:

https://www.facebook.com/maichimom/

 

東京都江東区東陽5-7-6

03-5690-3320

Return Top