江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

「キャッシュレス・消費者還元事業」のキャッシュレス導入を検討している店舗経営者の方むけに、今後どのように対応したら良いのかのご案内です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」のキャッシュレス導入を検討している店舗経営者の方むけに、今後どのように対応したら良いのかのご案内です。

こちらのブログでも何回かご案内している「キャッシュレス・消費者還元事業」ですが、

この制度の概要は、

令和1年10月1日から令和2年6月30日までの間に「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗で消費者がキャッシュレス決済による支払いをした場合には、ポイント還元を付与するという制度です。

そして、このキャッシュレス決済用の端末導入費用は、一定の店舗の負担は

「ゼロ」

なのです。

 

また、「キャッシュレス・消費者還元事業」の実施期間中の決済手数料は、実質は2.17%以下となります。

(決済手数料は、クレジット会社等のキャッシュレス決済事業者によって異なりますので、事前に個別の確認が必要です)

 

この「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加しようと検討している店舗の方は多くいらっしゃいますが、具体的にはどのように手続きを進めたら良いのかという質問を受けることがありますので、今回は、その流れにつきお知らせ致します。

 

最初に

 

自社の店舗がこの「キャッシュレス・消費者還元事業」の制度の対象を受けられるのかの確認をします。

 

そして、本制度の対象になっているのであれば、

 

自店舗の現在のキャッシュレス決済対応状況を確認します。

 

ここから後の流れを、次の表にまとめてみました。

現在使っているキャッシュレス決済手段を継続して利用する場合 新しいキャッシュレス決済を導入する場合、又は、現在使っているキャッシュレス決済のプランを見直したい場合
加盟店ID(※)を持っているのかを確認します。 キャッシュレス決済事業者を選んで、本事業参加のための手続きを問い合わせ、手続きを進めます。
加盟店IDを持っている場合 加盟店IDを持っていない場合             ↓
本事業で契約をしたいキャッシュレス決済事業者へ加盟店IDを伝えて、現在の契約情報及び端末情報を登録します。 現在契約しているキャッシュレス決済事業者へ連絡し、加盟店IDの発行をしてもらいます。
             ↓
本事業の登録審査手続きに移ります。
                         ↓
事務局での登録審査が完了した後に、キャッシュレス決済事業者から「加盟店登録」と「消費者還元の開始日」が通知されます。

 

そして、「加盟店登録」と「消費者還元の開始日」が通知されると、本事業の加盟店としての登録手続きは完了となります。

 

そして、この登録までのポイントを挙げてみました。

1,自店舗が本事業の対象となっているのかを確認する。

2,現在キャッシュレス決済をおこなっているのかを確認する。

3,加盟店IDを持っているのかを確認する。

4,現在契約しているキャッシュレス決済事業者を確認する。

 

これらを確認した上で、上記の表の流れに合わせてご対応されることをおすすめします。

参考までに今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」に関する経済産業省のメインページは下記URLになりますので、詳細はこちらのページ内からご確認をお願い致します。

https://cashless.go.jp/

 

なお、この事業についてのスケジュールや手続き、並びに今後の対応については順次、経済産業省等の関係機関から案内が公表され、上記内容に追加・変更等が入る場合がありますので、適宜最新の情報を入手して、手続きを進めるようにして下さい。

 

 

 

 

 

Return Top