江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

仕事にメリハリをつけるポイントを2つご案内します。

 

仕事をしていると、中だるみをして集中力が途切れたり、15時頃には疲れ切ってしまったり、どうしても、仕事をしている間には、パフォーマンスの波の変動が自分で想定していたものと異なる時があります。

 

本来はもっと精度の高い業務をしなければならないのに出来なかったり、そんなに時間をかけなくても良いのに、予定をオーバーしてたくさん時間をかけてしまったり、といった様に、なかなか思い通りにはいきません。

 

もちろん、何事も100パーセントの出来に仕上げるのは無理ですが、より100パーセントに近付けたいものです。

 

そして、その100パーセントに少しでも近づけるポイントの一つが、

 

「仕事にメリハリをつける」

 

という事です。

 

仕事にメリハリをつけられると、良い意味で手の抜きどころが分かり、各々の業務に応じた精度がバランス良く上がります。

 

そこで、仕事にメリハリをつけるといっても、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。

 

一つ目のポイントは、

 

その日の業務の優先順位と難易度を分析する

 

という事です。

 

その日にしなければならない仕事はその日のうちに仕上げるわけですから、その日の業務をリストアップ、そして、優先順位をつけて、合わせて、難易度を分析します。

 

すると、まず最初に何をやるべきなのかが見えてきます。

 

期限が決まっているものであれば、その期限に間に合うタイミングで着手する。

 

難易度の高いものであれば、きちんと時間を取って集中できる時間帯を確保する。

 

 

経営者の方であれば、デスクワークをしている時間帯、会議や打ち合わせをしている時間帯、外出で移動している時間帯、営業をしている時間帯など、毎日同じシチュエーションで仕事をするケースは少ないと思います。

 

そして、その日の各々の業務を進めるのに適した時間帯をあてはめるのです。

 

また、この作業は、できる限り何日も前から事前にすることをおすすめします。

 

それは、仕事を進めるにあたり、自分のパフォーマンスが高い時間帯とそうでない時間帯がありますので、例えば、難易度が高く、集中力が求められるのであれば、自分のパフォーマンスが高い時間帯で予定を組んだり、

 

パフォーマンスが低い時間帯であれば、その時間帯を外出での移動時間にあてて、場合によっては、移動中の車内で数分目を閉じるなどして疲れを取るようにします。

 

すると、一日の時間帯で自分のパフォーマンスに応じた業務の割り振りがうまくいくようになり、自然とメリハリがつくようになります。

 

最初に無理して頑張りすぎてもその後が続かなかったり、ピークの時間帯をうまく配分できないと、必要以上に時間がかかるという状態になってしまいます。

 

 

そして、2つ目のポイントは、

 

「予定を詰め込みすぎない」

 

という事です。

 

予定はあくまでも「予定」です。

 

実際に業務をしてみると、計画していた以上に時間がかかったり、外的要因などで想定外に時間がかかる場合もあります。

 

すると、次の予定に影響が出て、場合によっては、次の予定を遅らせなければならず、迷惑をかけてしまう場合もあります。

 

そのようなケースに備えて、各予定の間に一定時間以上の間隔をあけるようにしましょう。

 

この開ける時間は、業務によって異なりますので、この時間くらいの間隔があれば大丈夫と思われる時間を設けましょう。

 

これにより、各業務の完了も見込め、そして、次の業務へ取り掛かる準備も確保でき、自然とメリハリがつきます。

 

 

他にもポイントはいくつもありますが、業務にメリハリをつけるポイントを、今回は2つご案内しました。

 

また、このご案内をご自身に合わせてアレンジして頂くのが良い場合もありますので、ご自身の業務のメリハリがつくように、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

仕事にメリハリをつける具体的な方法を2つご案内します。

 

仕事をしていると、中だるみをして集中力が途切れたり、15時頃には疲れ切ってしまったり、どうしても、仕事をしている間には、パフォーマンスの波の変動が自分で想定していたものと異なる時があります。

 

本来はもっと精度の高い業務をしなければならないのに出来なかったり、そんなに時間をかけなくても良いのに、予定をオーバーしてたくさん時間をかけてしまったり、といった様に、なかなか思い通りにはいきません。

 

もちろん、何事も100パーセントの出来に仕上げるのは無理ですが、より100パーセントに近付けたいものです。

 

そして、その100パーセントに少しでも近づけるポイントの一つが、

 

「仕事にメリハリをつける」

 

という事です。

 

仕事にメリハリをつけられると、良い意味で手の抜きどころが分かり、各々の業務に応じた精度がバランス良く上がります。

 

そこで、仕事にメリハリをつけるといっても、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。

 

一つ目のポイントは、

 

その日の業務の優先順位と難易度を分析する

 

という事です。

 

その日にしなければならない仕事はその日のうちに仕上げるわけですから、その日の業務をリストアップ、そして、優先順位をつけて、合わせて、難易度を分析します。

 

すると、まず最初に何をやるべきなのかが見えてきます。

 

期限が決まっているものであれば、その期限に間に合うタイミングで着手する。

 

難易度の高いものであれば、きちんと時間を取って集中できる時間帯を確保する。

 

 

経営者の方であれば、デスクワークをしている時間帯、会議や打ち合わせをしている時間帯、外出で移動している時間帯、営業をしている時間帯など、毎日同じシチュエーションで仕事をするケースは少ないと思います。

 

そして、その日の各々の業務を進めるのに適した時間帯をあてはめるのです。

 

また、この作業は、できる限り何日も前から事前にすることをおすすめします。

 

それは、仕事を進めるにあたり、自分のパフォーマンスが高い時間帯とそうでない時間帯がありますので、例えば、難易度が高く、集中力が求められるのであれば、自分のパフォーマンスが高い時間帯で予定を組んだり、

 

パフォーマンスが低い時間帯であれば、その時間帯を外出での移動時間にあてて、場合によっては、移動中の車内で数分目を閉じるなどして疲れを取るようにします。

 

すると、一日の時間帯で自分のパフォーマンスに応じた業務の割り振りがうまくいくようになり、自然とメリハリがつくようになります。

 

最初に無理して頑張りすぎてもその後が続かなかったり、ピークの時間帯をうまく配分できないと、必要以上に時間がかかるという状態になってしまいます。

 

 

そして、2つ目のポイントは、

 

「予定を詰め込みすぎない」

 

という事です。

 

予定はあくまでも「予定」です。

 

実際に業務をしてみると、計画していた以上に時間がかかったり、外的要因などで想定外に時間がかかる場合もあります。

 

すると、次の予定に影響が出て、場合によっては、次の予定を遅らせなければならず、迷惑をかけてしまう場合もあります。

 

そのようなケースに備えて、各予定の間に一定時間以上の間隔をあけるようにしましょう。

 

この開ける時間は、業務によって異なりますので、この時間くらいの間隔があれば大丈夫と思われる時間を設けましょう。

 

これにより、各業務の完了も見込め、そして、次の業務へ取り掛かる準備も確保でき、自然とメリハリがつきます。

 

 

他にもポイントはいくつもありますが、業務にメリハリをつけるポイントを、今回は2つご案内しました。

 

また、このご案内をご自身に合わせてアレンジして頂くのが良い場合もありますので、ご自身の業務のメリハリがつくように、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

Return Top