江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

お金は「天下の回りもの」という考えもあります。お金を使うことにより、そのお金がより価値の高いものとして帰ってくることもあります。

 

1,000円が手元にあったとします。

 

その1,000円は、使わずに手元においていたら増えることはありません。

 

1年後も1,000円であり、10年後も1,000円です。

 

しかし、例えばその1,000円で仕事の関係者の方とで二人でお茶を飲んだ時に1,000円を負担した場合にはどうなるでしょうか。

 

ひょっとしたら、その関係者の方から仕事の依頼があり、30,000円の売上があがるかもしれません。

 

または、その関係者の方から有意義な情報を頂いて、自分自身の成長のヒントに繋がるかもしれません。

 

他にも色々なケースがありますが、手元にお金を置いておくだけの場合とそのお金を使う場合で違いが生じます。

 

もちろん、お金を使うという事は、そのお金を手放す事になり、1,000円のキャッシュがなくなります。

 

しかし、1,000円のキャッシュが将来のお金を生み出すのです。

 

よく、

 

「お金は天下の回りもの」

 

と言われます。

 

お金は使うことにより、また自分に帰ってくるのです。

 

そして、自分に帰ってくる時にどのように帰ってくるのかを考える必要があります。

 

お金の使い方によって、何倍にもなって帰ってくるお金と1円も帰ってこないお金が出てきます。

 

この違いが出るのにも理由がありますが、それは改めてお知らせしますが、お金は使うからこそ循環するという面もあります。

 

 

そのためは、

 

「この1,000円を使って何をするのか」

 

と良く考える必要があります。

 

無理に1,000円を使う必要はないのです。

 

生きたお金を使う事により、生きたお金として帰ってくる事もあるのです。

 

そして、更にそのお金を使う事により、大きく帰ってくるようにするのです。

 

 

お金を使うことに対して罪悪感を抱いたり、躊躇したりする事もあるかもしれません。

 

それは、お金を大切にしている証拠でもあるので、素晴らしい事でもあると思っています。

 

しかし、お金は循環しているという面もあるのです。

 

お金の使い方はひとりひとり違いますが、「お金の使い方」を一度考えてみてはいかがでしょうか。