江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

デジタルファースト法案が閣議決定されて、行政手続きをインターネット手続きで完結させる仕組み作りが構築されます。

 

PC

先日、日本政府は、デジタルファースト法案を閣議決定しました。

 

このデジタルファースト法案というのは、

 

行政手続きを原則電子申請に統一しようというものであり、会社設立や引し越の際には、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上で申請手続きが出来るようにするとの事です。

 

 

今までは、法人設立の際には、法務局などに申請手続きをしたり、引越をする時には、ガス会社や電力会社に契約内容の変更手続をしていましたが、

 

今後は、インターネット上で申請手続きを完結させる予定です。

 

インターネット、そして、IT社会が普及している現代では、行政手続きの利便性向上や国民や企業の負担軽減を図るために何が出来るのかを検討した際に、この

 

「デジタルファースト法案」

 

が生み出される事になったようです。

 

そして、この法案は、

 

1、行政手続きをITで完結させる「デジタルファースト」

 

2、同じ内容の情報提供は求めない「ワンスオンリー」

 

3、民間サービスを含む手続きを一度に済ます「ワンストップ」

 

の3原則が打ち出されています。

 

 

今までは、官公署に直接行かなければ手続きが出来なかったり、

 

同じ情報を何度も各種手続きで提供を求められたり、

 

同じ情報に基づく各種手続きを何回もしなければならなかったりと、

 

 

不便さを感じる事もあったので、今回のデジタルファースト法案が実現すれば、利便性・生産性が向上する事になると思います。

 

しかし、システム統合や、関連業界との調整など、やるべきことは多くあると思いますが、これからの社会経済発展には必要不可欠な取り組みとなりますので、

是非、良い方向で実現して頂きたいと思っています。

 

 

 

Return Top