江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

取ってはいけないリスクを取らないにするには、リスクを取らないポジションを保つようにしましょう。

高層建物

 

 

リスクは取らなければならない場合と、取ってはいけない場合があります。

 

リスクを取らなければ、成長はありません。

 

取らなければならないリスクを取って、たとえそのリスクを取って失敗したといっても、次の成長に繋がります。

 

取らなければならないリスクを必要な時に取るからこそ、次に繋がるのです。

 

現状維持はストレスがかからず心地良い部分がありますが,その分成長する余地はありません。

 

 

ところで、取らなければならないリスクに対して、取ってはならないリスクが目の前にあった場合には、どのようにしたら良いでしょうか。

 

毎日、ある意味リスクの取捨選択に迫られています。

 

朝起きた時から、一つ一つの行動を選択しながら、リスクにさらされている面があります。

 

例えば、朝起床したときに、

 

「昨日寝たのが遅いから、あと30分寝たい」

 

「でも、あと30分寝てしまったら、会社の出勤時間に間に合わない」

 

「やっぱり、今起きよう」

 

という感じで布団から出るときもあると思います。

 

この行動も、起床する時間を決断しないといけないという取捨選択をしているわけです。

 

この例では、とってはいけないリスクとしては弱いかもしれませんが、

 

もし、違法な事に巻き込まれる場合には、どのように考えたら良いでしょうか。

 

この場合には、取ってはいけないリスクに該当するというのはお分かりになるはずです。

 

このリスクを取ることにより、自分の成長が止まるどころか後退して、心身の危険や社会的に立ち直れない事になるかもしれません。

 

この取ってはいけないリスクを取らないようにするには、

 

取ってはいけないリスクを取らないポジションを保つ

 

というスタンスを崩さないという事です。

 

取ってはいけないリスクが発生する場所・人・仕組みなど、

 

取ってはいけないリスクを取らせようとする環境が実際には発生するかもしれません。

 

そのような状況に巻き込まれそうになったら、絶対に取ってはいけないリスクを取らないポジションを保つようにしましょう。

 

自分、そして、関係者の方にとって、適切な選択をブレずにする事が大切です。

Return Top