江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

事前に商品やサービスを買って頂く顧客を明確にしてから、営業・販売活動を行うことを検討してはいかがでしょうか。

料理

 

どの会社であっても、自社の商品やサービスに思い入れがあります。

 

「うちの商品はどの競合他社よりも優れている」

 

「うちの提供するサービスは、きっとお客様に満足して頂ける」

 

商品やサービスの開発には長い期間と多大なコストがかかる場合があります。

 

そこまで手塩にかけた商品やサービスは、きっとお客様に満足して頂けると考えますが、状況によっては、当初想定していた販売数量・販売価格に達する事が出来ない場合があります。

 

「なぜ、うちの商品を買って頂けないんだろう」

 

「競合店ではお客様が途切れる事がないのに、なぜうちの店に来店するお客様が少ないんだろう」

 

原因を突き詰める事が必要になり、この段階になると、大きなストレスを感じるはずです。

 

 

そこで、商品やサービスを販売するには、事前にマーケットのニーズを分析し、自社製品の優位性や顧客満足度などを考えなければなりませんが、そのうち、気を付けなければならない点としてよく挙げられるのが、

 

商品やサービスを買って頂く顧客を明確にする。

 

という事です。

 

商品やサービスが販売されるには、それを購入する顧客が存在しなければ成立しません。

 

そして、顧客が、

 

「買いたい」

 

というニーズを持っているかという事を把握しなければなりません。

 

販売促進をして、購入しやすい商流にしたとしても、そもそも顧客が購入したいと思わなければ、売れることはありません。

 

つい、顧客目線でなく、自分達目線で商品やサービスを販売しているケースを見ますが、買いたいと思わないものの営業を受けた人はどう思うでしょうか。

 

買いたくないと思うだけでなく、押し売りをされている感覚になるかもしれません。

 

 

それに対して、買いたいと思っていた商品やサービスがあった場合にはどうでしょうか。

 

その商品やサービスは喜ばれて購入されることになります。

 

マーケットのニーズがあるかないかによって、販売にも影響があり、顧客満足度にも雲泥の差が出るのです。

 

 

ついつい、顧客ニーズを意識せずに自社が売りたいと思っている商品を売ってしまう事もあるかもしれませんが、その場合には、コストや時間のロスが発生し、経営上も打撃を受ける場合があります。

 

出来る限り早く売上を確保したいという考えもあると思いますが、その販売を実行する前に、誰にその商品やサービスを購入して頂くかを考えてみてはいかがでしょうか。

Return Top