江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

集中できる環境を整えると、生産性が飛躍的に向上しますが、その際のポイントは、自分の五感が集中できると感じる環境を作ることです。

キーボード

 

一日の中で、どれだけ集中した時間を確保する事が出来るかで、その日の生産性が大きく変わります。

 

集中できる環境でなければ、注意力が散漫になったり、集中する事にリソースを割かなければならなかったりで、その分だけ生産性が落ちてしまいます。

 

ところで、集中できる環境というのは、どのような環境でしょうか。

 

集中するには、自分自身の五感が研ぎ澄まされて、集中する情報以外の情報をシャットダウンする環境が望ましいです。

 

ここで大切な事は、

 

自分の五感が集中できるような環境を整えるという事です。

 

人間は全員が感性が異なります。

 

心地良い感覚、心が盛り上がる感覚、悲しい感覚、怒る感覚など。

 

五感が集中できる環境もひとりひとり異なるのです。

 

そこで、自分にあった環境を整えるようにしましょう。

 

例えば、

 

読書や勉強の時は、周囲がまったく音がしないとかえって落ち着かないのであれば、電車内に身を置いて読書や勉強をする。

 

机に座って集中して作業をするのであれば、乱雑した机回りを整理整頓する。

 

 

自分が集中できる環境を作り上げると、時間の流れが大きく変わります。

 

集中できる環境であれば、10分もあればかなりの事が出来ます。

 

その集中できる時間が1時間または3時間、あるいは6時間あったとしたらどうなるのでしょうか。

 

一般的に人間は集中できる時間はそんなにないといわれています。

 

しかし、集中できる時間を1分でも増やすことが出来ればどうなるのでしょうあk。

 

1日で1時間集中できる時間を増やすことが出来れば、

 

1年で365時間、

 

10年で3,650時間の集中した時間が生まれるのです。

 

これだけの時間を活用すれば、素晴らしい事を創り出すことが出来るはずです。

 

人間はどのような人も1日24時間しか与えられていません。

 

この24時間をどのように過ごすのかで、その人の人生は大きく変わるのです。

 

人生を有意義に過ごすためにも、集中できる環境を整える事から始めてみてはいかがでしょうか。

Return Top