江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

お金は使うからこそ入ってくるという面もあります。お金の循環を意識してはいかがでしょうか。

電卓とノート

 

事業資金として手元に100万円があったと仮定します。

 

その100万円は何も手を付けなかったら、100万円を超える事はありません。

 

そのお金を預金に預け入れたとしたら、金利分は増える事になります。

 

でも、それ以上にはなりません。

 

そこで、事業は、売上を確保し、経費をできるだけ抑えて利益を出すという側面から考えるといかがでしょうか。

 

この100万円を使って営業社員を採用して業務の受注をすれば売上が上がります。

 

そして、その営業社員が増えた分の人件費などの経費の合計より売上が多ければ利益がでます。

 

結果として、一定期間経過後には、元手の100万円プラス利益の資金が内部留保できる事になります。

 

もちろん、事業はそんなに単純ではなく、不確実性要素も大きいため、元手の100万円が減ってしまう事があるかもしれませんが、

 

イメージとして、お金を使う事により、使った金額以上のお金が手元に戻ってくる場合があるという事を考えていただければ良いと思います。

 

お金は手元に置いておくだけでは増えません。

 

投資に資金を充てる方もいらっしゃると思いますが、その場合でも、投資する事によるリターンを考えて投資をしているのです。

 

どうしてもリスクは付いて回りますが、リスクをできる限り抑えながらお金を使うというのは、経営手法として実際にあるのです。

 

融資の場合にも同様のことが言えます。

 

最終的に収益獲得のために必要な資金を金融機関からの融資を活用して調達してお金を使うのです。

 

お金を使う事に対して躊躇する事もあると思います。

 

しかし、使うからこそ、使った金額以上のお金が返ってくる事もあるのです。

 

違法な使い方はもちろんいけませんが、大所高所から見ると、お金は回っているというのをイメージしながらお金に向き合ってみると、新たな発見があるかもしれません。

 

自己責任でお金は使うために、最終判断は自分自身になりますが、年末年始の時間が空いた時に、お金の使い方を少し考えてみてはいかがでしょうか。

Return Top