江東区の税理士     経営アドバイザー

佐藤充宏 江東区で税理士事務所・ファイナンスコンサルティング会社を経営しています。

膝に負担の少ないランを心掛けているので、江東区内のある公園では、フエルト地の芝の上でランができるのでありがたいです。

体の骨格や筋肉などのバランスが完璧で、ランニングフォームも理想的であればよいのですが、なかなかそこまでのレベルには到達しません。

 

走っていると、たまに足腰に負担がかかりすぎているなと感じることがあります。

 

フォームを矯正したり、膝回りの筋肉を鍛えたりという事はしますが、その他にも効果的な方法は、踏みしめる地面が固いところでなく、程良く柔軟性のある地面であれば負担がかかりにくいです。

 

そこで、天然芝が一番ですが、なかなか天然芝でランをするのは場所が限られてしまうので、弊所近くを探したところ、江東区東陽町のテニスコートが併設されている区営の公園では、写真のように、地面がフエルト地に覆われている道があります。

IMG_1196

この道は、公園の周囲を1周約300メートルくらいになっているので、ここを走れば良いのです。

ここからは、東京スカイツリーを眺めることもできます。

IMG_1195

 

実際に走ってみると、やはりコンクリートの上を走るのとは異なり、膝や腰への負担が少ないのが分かります。

 

ランニングは、思いのほかの重さが足腰にかかるので、長い年月を走っていると、その消耗が蓄積されるそうです。

 

快適なランができる環境に身を置くことが、ストレスなく、疲れを残すことなく長く続けられる秘訣だと思います。

 

 

私の場合は、スローペースでランをしながら考え事をしてアイデアがその時浮かんだりしますが、ランで疲労がたまっていると、そのような考えが浮かぶことはそんなにありません。

 

この日も、結論を導き出さないといけない事柄や、いくつものプランを策定する事柄を走りながら考えて、その最中にヒントとなるアイデアが浮かんできました。

 

隙間時間を活用してランをするので、ついつい走る場所を限定してしまいがちですが、可能な限り、快適な環境で走れるのが良いですね。

Return Top