マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「美味しい鮨を頂くには、江東区東陽町にある「鮨 日友う勘」がおススメです」

鮨は大好きなので、機会がタイミングが合えばお鮨屋へお邪魔していますが、江東区東陽町の中では「日向う勘」が一番の鮨店だと思います。

江東区内で美味しい鮨を頂けるのは数少ないですが、この「鮨 日友う勘」は間違いなくそのうちの一つです。

 

久々に予約が取れたので、暖簾をくぐりました。

IMG_1716

清潔なカウンターがあり、そして、見るからに美味しそうな魚介類がガラスの中から見えます。

IMG_1725

 

店内の雰囲気からは美味しいものを召し上がって下さいという気合が伝わってきます。

まずは生ビールを頂きながら、お任せで刺し盛りを頂きます。

IMG_1717

ちなみに、こちらのお店はアルコール類のメニューはありますが、それ以外のメニューはないようです。

お客さんはお好みで注文するそうです。

 

 

さんまとマグロの赤身と鰈の刺身の盛り合わせ。

IMG_1718

さんまは骨が全て取り除かれ、しかも、包丁の入れ具合が素晴らしいので、素材の良さが際立ちます。

そして、赤身は漬具合が私好みです。

鰈も美味しく、これからの展開が益々期待できますね。

 

ここからしばらくは一品料理。

烏賊の沖漬。

IMG_1720

稚鮎。

IMG_1721

この美味しさは反則です。

 

日本酒が飲みたくなってきたので、大吟醸へチェンジ。

IMG_1719

 

ここら辺で貝を何品か注文です。

IMG_1722

IMG_1723

特にホタテの身の厚さと甘さは病みつきになりそうです。

これだけのクオリティでしたら、多くのファンがいるのでしょうね。

 

ここから握りへ。

まずは小肌。

IMG_1724

シンコではなく小さめの小肌です。

美味い。

色々頂きます。

IMG_1726

IMG_1727

雲丹。

IMG_1728

口の中でとろけます。

 

ここら辺で巻物へ。

鉄火巻。

IMG_1729

海苔の香りが良いですね。

〆は干瓢巻。

IMG_1730

最近は〆で干瓢巻を頼むのがマイブームです。

 

今回も美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。

「鮨 日友う勘」

東京都江東区東陽3-10-1

03-5633-5063

 

Return Top