マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

江東区のグルメ情報:「すしBar 小路小路」

寿司は私が大好きな料理のジャンルの一つです。

ところで、この鮨屋は江東区内でもそんなに多くありません。

もちろん、居酒屋で色々なメニューを置いてある中で、最後にちょっとした握りを頂けるところはありますが、本当の鮨屋は数えるくらいです。

そして、その中でもおススメなのが、こちらの

「すしBar 小路小路」

です。

店名の読み方は「すしばー こじこじ」です。

こちらは、江東区森下にあり、新大橋通りと清澄通りの交差点の裏路地にあります。

店構え。

IMG_1142

すしBarとありますが、Barという雰囲気ではなく、ゆったりとしながら美味しい料理を頂くという感じです。

ちなみに、日本酒のラインナップが豊富です。

お客さんの好みと料理に幅広く合わせられるようにという事だと思います。

 

まずは生ビールを頂きながらメニューチェック。

IMG_1144

 

今回はおまかせを注文しました。

メニューを見ると食べたいものがずらりと並んでいて、選ぶのが大変なので、こういう時は店主のおススメを頂くようにしています。

まずは、刺し盛り。

IMG_1155

1人前です。

締め鯖・金目・鯵・生本マグロ・蛸・鰈

みんな美味しいですが、特に鯵の身の締まり具合は素晴らしいです。

 

次に鰯の蒲焼き。

IMG_1156 (1)

上品な味です。

鮮度の良いものを蒲焼きで頂けるのは嬉しいですね。

 

そして、なんとカサゴの煮付け。

IMG_1157

私はカサゴが大好きなので、こうして一尾丸ごとが目の前に登場するとテンションが上がります。

カサゴは調理が難しく、煮付けの場合はどうしても身が崩れてしまいがちですが、こちらは身の弾力がそのまま残っていて、タレとの相性も抜群です。

これだけ美味しいカサゴはめったに頂けないので、本当に嬉しいです。

 

ここらへんで日本酒にチェンジ。

IMG_1158

そして、ムラサキウニのシャリ詰め焼き。

IMG_1159

初めて頂く料理ですが、ウニの甘みと香り、そしてシャリとの相性抜群です。

これだけ美味しい料理を頂くと嬉しさもひとしおです。

 

ここで、ふぐのヒレ酒へ。

IMG_1166

ふぐのひれ酒は寒い時期に良く飲みますが、今回は相性が絶対に合うと思ってチョイスしましたが、やはり合います。

美味しいです。

ふぐヒレは焼き過ぎでもいけませんが、焼きが中途半端だとふぐの旨味が引き出せないので、これくらいの焼き加減がちょど良いのでしょうね。

そして、鯵と鰯のなめろう。

IMG_1163

上質の魚をなめろうにして、しかも鯵と鰯の両方の魚を使ってなので、贅沢な一品です。

 

ここで、最初はお任せメニューでは貝を外して下さいといったのですが、カウンターの隣の方が美味しそうに食べているので、同じ岩ガキをオーダー。

IMG_1165

身が締まって甘みがあり、しかも大きい。

美味しいの言葉ばかりが口から出ます。

 

ここからは〆の握りです。

IMG_1170IMG_1169IMG_1167IMG_1168IMG_1171IMG_1172IMG_1173

私は料理が提供されたら、すぐに頂きます。

一秒でも早い方が鮮度があって美味しいので。

本当に全部美味しいです。

 

最後の汁物です。

こちらも海老の旨味が出ていて素晴らしいです。

IMG_1176

アガリも手を抜いておらず、最初から最後までお店の気合が伝わりました。

IMG_1174

名店の味を堪能させて頂きました。

 

ごちそうさまでした。

 


江東区のマラソンマン税理士
より。

「すしBar 小路小路」

 

03-5600-6815

 

東京都江東区森下1-15-1 日修ビルⅡ 1F

Return Top