マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

毎月の「お金の流れ」を把握することが事業の成長スピードを加速させることに繋がります。

bil0130-003

 

お金には流れがあります。

 

いつ、

 

どこから、

 

どれくらいの金額が入ってくるのか。

 

 

いつ、

 

どこへ、

 

どれくらいの金額が出ていくのか。

 

 

そして、

 

お金が入ってくれば、お金が増えますが、

 

お金が出ていけば、お金が減ります。

 

 

毎月必要なお金がいくらなのか、と考える事と合わせて、その必要なお金がいつ必要なのかも考える必要があります。

 

手元資金がなく、今月は20日に200万円の出金があるとした場合、300万円の入金が今月にあるとしても、その入金が全額月末にあるとした場合はどうなるのでしょうか。

 

20日の段階では手元資金はゼロで、200万円の支払があります。

 

でも、その支払に充てるための入金は月末です。

 

結果として、資金ショートしてしまいます。

誰でも、

 

「こんな事くらい分かるよ」

 

と思われますが、「お金の流れ」は、このシンプルな流れを積み上げ、そして、アレンジされるのです。

 

給与の締日と実際の支払日をどのように決めたら良いのか。

 

当社の売上の締日と入金サイトをいつにしたら良いのか。

 

仕入先への支払サイトはいつにしたら良いのか。

 

金融機関の口座を複数持った場合には、どのように資金管理をしたら効率的なのか。

 

1年後にどのくらいの手元キャッシュが必要なのか。

 

3年後・5年後、そして、10年後の事業成長に向けて、どれだけのキャッシュフローを想定したら良いのか。

 

どのくらいの「お金」があれば、会社・従業員・取引先・関係者、そして、経営者自身が幸せになれるのか。

 

 

「お金」の流れを理解する事により、会社の事業活動がスムーズに、そして、広範囲に広がります。

 

無駄なお金は使わず、手元資金を出来る限り残す事は大切ですが、

お金は使わないと入ってこない側面もあります。

 

事業の成長スピードを加速させるために、自社の「お金」の流れを一度ご確認されてはいかがでしょうか。

Return Top