マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「起業・開業時には、金融機関との関わりを今後どのようにしたらいいのかを考えて金融機関を選定しましょう」

都庁建物

 

個人事業者として、または、法人として起業・開業した場合には、資金をどのように管理するのかというのがポイントとなります。

 

売上代金が入金し、仕入代金や給与・家賃などの主要経費を支払って、その他の取引先向け支払などをするにあたり、お金が円滑に回る仕組みを作らなければなりません、

 

ところで、このお金を

 

「現金」

 

で管理したらどのようになるでしょうか。

 

日々の売上代金がいくらで、一日でどのような支払をしたのかを、帳簿等で管理しなければなりません。

 

そこで、多くの会社が採用しているのは、

 

「金融機関に口座を作る」

 

という事です。

 

この口座内で売上代金の入金や仕入代金の支払・給与振込をすれば、通帳の入出金明細に記録が残り、いつ、どのような内容の入出金があったのかが一目瞭然です。

 

もちろん、現代ではキャッシュレス化が進んでおり、その他の方法もありますが、やはり、口座で資金を管理するのを採用しているケースが多いです。

 

 

そして、この口座を作るにあたり、事前に考えなければいけないのが、

 

「どの金融機関に口座を作るのか」

 

 

 

という事です。

 

「自宅を会社の所在地にしているので、近くの都市銀行に口座を作ろう」

 

 

という方もいらっしゃると思いますが、口座を開設する前に一度考えてはいかがでしょうか。

 

「金融機関との関わりを今後どのようにしたらいいのだろう」

 

日々の出納手続だけの目的で金融機関を活用するのでしたら特に影響ないと思いますが、

 

例えば、

 

「開業に際して、物件購入をして厨房設備を全部発注しなければならないので、融資を受けたい」

 

という飲食店の開業を考えている方がいらっしゃったらどうなるのでしょうか。

 

特に繋がりや取引実績のない都市銀行へ行って新規の口座開設をした際に、その場で

 

「設備資金を融資して下さい」

 

といって、審査が通るでしょうか。

 

 

もちろん、金融機関としては、資金が必要な方の応援を出来る限りしたいという面はありますが、一筋縄ではいきません。

 

 

そこで、

 

「自社は、金融機関とどのような関係を築いたら良いか」

 

というのを明確に決めなければなりません。

 

例えば、

 

自社が営業している地域との繋がりを大切にしてくれる金融機関

 

口座開設後は、そのうち融資を受けたいので、相談に乗ってくれる金融機関

 

など、金融機関に求めている事があるはずです。

 

 

そこで、目的に応じた金融機関を選定しなければなりませんが、金融機関には、大きく分けて、

 

都市銀行

 

地方銀行

 

信用金庫

 

信用組合

 

などがあります。

 

そして、さらに、その金融機関毎に支店がありますので、その支店と取引をする事になるので、金融機関と合わせて支店を選定しましょう。

 

 

金融機関の選定は、会社経営にとって大切なポイントです。

 

必要以上に時間をかけすぎてもいけませんが、慎重に誤りのないように金融機関を選定しましょう。

 

Return Top