マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「文京区湯島にあるおでん料理の名店「こなから本店」では、心地良い雰囲気の中で美味しいおでんと酒を頂きながらの有意義な会食でした」

夏の日だといっても、「おでん」が合うのはご存知でしょうか。

 

暑い日が続くと胃腸が疲れ、なるべく消化の良いものを食べるという習慣がありますが、もちろん、「おでん」も消化が良く、摂取カロリーが低いのでおススメです。

 

今回は落ち着いた雰囲気で会食したいという事でお店をリサーチしましたが、最近は「おでん」を食べておらず、せっかくなので、文京区湯島にあるおでん料理の名店「こなから本店」を予約しました。

 

こちらの場所は、JR又は丸ノ内線御茶ノ水駅か千代田線新御茶ノ水駅より、徒歩10分圏内にあります。

 

大通りから裏路地に入ったところで、落ち着いたところにあります。

 

入口はこのように風情を感じる佇まいになっています。

IMG_9882

 

営業開始時間は18時ちょうどからで、営業前には打ち水をしているようです。

IMG_9884

ところで、私の場合は、会食では落ち着いた雰囲気のお店をチョイスするようにしています。

 

気取らない明るい雰囲気のお店やリーズナブルすぎるお店だと、どうしても店内が賑やかで落ち着かず、接客も会食に適さない場合が多くあります。

 

そのため、お客さんの層やお店のコンセプトを意識しながら、かつ、接客サービスも勉強できるようなお店を予約します。

 

今回の「こなから本店」もそのニーズにマッチしたお店ですので、安心して過ごす事が出来ます。

 

ところで、こちらは、入店時には靴を脱いで小上がりのような感じでカウンターに着席する形式です。

 

靴を脱ぐと寛げる感じになるのが良いです。

 

そして、カウンター中央には、大きな銅製のひょうたん型のおでん鍋が鎮座していて、おでんネタが美味しそうです。

IMG_9886

また、おでんが有名なお店ですが、その他にもおつまみなどの一品料理も充実しています。

 

どうしても、おでんだけだと足りない感じになりますが、こうして料理も充実していると助かります。

 

生ビールや何品かのおつまみを頂きながら、仕事やプライベートの話に花が咲きますが、話の途中に割り込まないような接客をしてくれるのが嬉しいです。

 

今回は料理や酒の写真は少ないですが、こちらが、美味しいおでんです。

IMG_9889

 

 

鰹だしが効いていて、素材の味をひきたたせてくれます。

 

大根と卵は外せないですが、その他のおでんタネも美味しいです。

 

真夏の時期ですが、熱燗が進みます。

IMG_9887IMG_9888

 

最後に〆のうどんを頂きお会計となりましたが、満足のひと時でした。

 

 

寒い時期はもちろんですが、夏場のおでんも最高でした。

 

ごちそうさまでした。

 

「こなから本店」

 

URL:

http://konakara.com/top.html

 

03-3816-0997

 

東京都文京区湯島1-9-6

Return Top