マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「定期的な断捨離をおすすめしています」

草花

 

日々新しい事や選択を迫られる事が多くあります。

 

その中で前に進むと、選択しなかったものやこれから必要とならないものが出てきます。

 

そういった不要なものがいつまでも手元に残っているとどうなるのでしょうか。

 

不要なものに対して意識がいってしまい、意思決定のロスになる。

 

不要なものを置いておく場合には、その分だけスペースを取り、場合によっては、賃料などのコスト増になる。

 

不要なものがあると、ストレスになる。

 

 

モノを大切にするという意識は大切ですが、かといって、本当に必要なものかどうかは考えなければなりません。

 

あの時とっておけば良かったのに。

 

お金を出して買い物したから、捨てると損になる。

 

そのように考えがちですが、そんな場合に、

 

「断捨離」

 

をおすすめしています。

 

文字のとおり、

 

断つ

 

捨てる

 

離す

 

どの言葉も、人によってはネガティブに捉えるかもしれませんが、意思決定の質を上げるため、ストレスを軽減するため、コストを削減するためには必要なことです。

 

何かを得るには、何かを断つ、捨てる、離す必要があります。

 

断つ、捨てる、離す

 

という事により、目の前で起こっている事に集中する事が出来ます。

 

意思決定をする際に、必要のない情報が近くにあると、意思決定のスピードが遅くなります。

 

限られたスペースの中に余分なものが置かれていると、ストレスになり、コスト増にもなります。

 

断捨離をすると、手元には自分が選んだモノがあり、アップデートされた状態となっています。

 

もちろん、変える必要がないモノは変える必要がありませんが、変わらなければならないモノ、新たに取り入れなければならないモノは必ずあります。

 

成長するために選択した結果として今の自分がいるのです。

 

よろしかったら、一度断捨離をされてみてはいかがでしょうか。

Return Top