マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「江東区のお紹介:安定した美味しさ「きよ洲」」

江東区森下・白河界隈は、昔は割烹・料亭が建ち並び、毎夜賑わっていました。

 

しかし、バブルが崩壊し、割烹・料亭の店主が時代の流れで高齢化になっても、世代交代がなかなか進まなかったり、お店を続けようと思っても、色々な事情から続けることが出来ず、閉店するケースもあります。

 

そんな中で、現在も江東区森下・白河界隈で今でも多くのお客さんに愛されているお店があります。

 

そのお店が、こちらの

 

「きよ洲」

IMG_8948

江東区白河にあり、半蔵門線または都営大江戸線の清澄白河駅より徒歩数分のところにあります。

 

周囲は閑静な住宅街で、錣山部屋などの相撲部屋もあります。

 

「きよ洲」では、今も大将が調理場で腕を振るっていらっしゃいます。

 

そして、その大将が作る料理を目当てに、毎日お客さんが途切れる事なく入店してきます。

 

もちろん、私もこちらのお店のファンです。

 

料理が美味しく、お店の雰囲気も居心地が良いので、初来店の方の多くがリピータになります。

 

この料理がなぜ美味しいかというと、旬の食材の素材をそのまま活かして、バランスの良い味付けがされているからです。

 

この味はなかなか出せるものではないですが、その料理を惜しげもなく提供してくれるのが嬉しいです。

 

今回も旬の食材を頂きにまいりました。

 

まずは、ビールを頂いて、大将と少しお話をして、鮪。

IMG_8949IMG_8950

次は、ポテトサラダ。

IMG_8951

ポテトサラダももちろん美味しいですが、メニューにある日とない日があるので、今回はラッキーです。

 

この後は、旬の料理にもなるので、冷酒を注文です。

IMG_8952

タカベ。

IMG_8954

こちらのお店は、他の料理もおすすめですが、焼き物が素晴らしいです。

 

焼きの入れ具合が絶妙です。

 

焼き過ぎず、魚の身の弾力と甘みを保ちながら提供して頂けるため、必ず美味しいので、

焼き物は毎回に近いくらい注文します。

 

そして、最後は、

 

稚鮎の天婦羅。

IMG_8955

稚鮎はこの時期にしか流通しないので、時期を逃さないようにして来店します。

 

稚鮎は、その苦味がなんとも言えず、冷酒との相性抜群です。

 

今回も大満足で、これだけのお店にこうしてお邪魔できるのは、本当にありがたいです。

 

次回の来店でも旬の食材を頂くのが楽しみです。

 

ごちそうさまでした。

 

「きよ洲」

 

東京都江東区清澄2-11-15

 

03-3641-3524

Return Top