マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

平成29年分所得税の確定申告をされる方へ:医療費控除の制度が一部変更しました

 

国税庁

税制改正に伴い、平成 30 年1月1日以後において、平成 29 年分以降の所得税について医療費控除の適用を受ける際に必要な手続が一部改正されました。

 

その概要ですが、医療費控除の適用を受ける場合に必要な提出書類の簡略化になりました。

 

例えば、医療費控除の適用を受ける場合には、これまでは、所得税の確定申告では医療費の領収書を確定申告書に添付又は確定申告書を提出する際に提示することとされていましたが、平成 29 年分以後の所得税の確定申告において医療費控除の適用を受ける場合は、医療費の領収書に基づいて必要事項を記載した「医療費控除の明細書」を確定申告書に添付して提出することに変更となりました。

 

また、この場合には、医療費の領収書を確定申告期限等から5年間は保存しなければなりませんのでご注意ください。

 

なお、医療保険者が発行するもので、被保険者等の氏名や療養を受けた年月・療養を受けた病院等の名称・被保険者等が支払った医療費の額等の記載がある「医療費通知」を確定申告書に添付する場合は、「医療費控除の明細書」の記載を簡略化することができ、医療費の領収書の保存も不要となります。

 

ところで、平成29年分の確定申告につき、前年と同じように医療費の領収書を提出した場合にはどのようになるのでしょうか。

 

この場合には経過措置が設けられているため、平成29 年から平成31年までの各年分については、今までと同様に医療費の領収書を確定申告書に添付又は確定申告書を提出する際に提示することもできることとされています。

 

しかし、この経過措置に基づく取扱いは、医療費控除の適用を受ける医療費全てについていずれかを選択することになりますので、一部の医療費については変更となった取扱いによる一方で、その他の医療費についてはこの経過措置に基づく取扱いとすることはできません。

 

その他にも、今回の変更に関しての取扱いが決まっていますので、平成29年分の所得税の確定申告をされるにあたり、医療費控除の適用を受ける場合には、変更点の確認をされてから申告手続き等をされるようお願い致します。

Return Top