マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「源泉徴収について」

画像

 

会社員の方であれば、毎月の給与の支払いの際に、雇用保険料や健康保険料・厚生年金保険料・住民税などが差し引かれますが、それ以外に、「源泉所得税」という税金がひかれています。

 

この源泉所得税は、その方の給与の金額から、社会保険料(雇用保険料や健康保険料・厚生年金保険料等)を控除した額に対して差し引く事とされている所得税なのです。

 

この所得税を差し引くという行為が源泉徴収になります。

 

そして、この源泉徴収された所得税はその時点では概算値なので、年末調整によって最終的に精算される事となるのです。

 

ところで、この源泉徴収は、この給与に限ったものではありません。

 

例えば、預金の利息が入金になる際に差し引かれていたり、配当金を受け取る際に差し引かれていたり、税理士などの一定の士業に対する報酬の支払いの際には、源泉徴収がされるのです。

 

そのため、もし支払う金額が源泉徴収の対象の場合には、源泉徴収となる所得税の金額を差し引いてから支払うようにしましょう。

 

そして、その差し引いた源泉所得税は、納期限までに所定の方法で納税をするようにして下さい。

 

 

話は戻りますが、給与所得のみが発生している会社員の方は、年末調整の後に、会社から源泉徴収票が発行されます。

 

この源泉徴収票には、自分の給与がいくらで、最終的に年末調整で確定した、本来徴収されるべき所得税額が記載されています。

 

その源泉徴収税額をご覧いただくと、自分がどれだけの所得税を支払っているのかが分かります。

 

いつもは、毎月の給与から自動的に差し引かれているので、なかなか給与明細を見直すという事はしないと思いますが、年末調整は年に一回しかしないので、源泉徴収票を見るという気持ちになり易いです。

 

この時期は、ご自身の納税状況を把握しやすいので、是非源泉徴収票の詳細をご覧ください。

Return Top