マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

【創業時の心得】自分と向き合う習慣をつけましょう。

IMG_1740 (1)

起業・創業に関するご相談を受ける機会が多いです。

また、ご相談にいらっしゃる方は、ご自身の素晴らしいビジネスプランを形にするために起業・創業に向けて営業・マーケティング・資金調達等に精力的に活動している方が殆どです。

そして、目の前のハードルをクリアして開業させると、実際のそのビジネスと向き合わなければなりません。

 

しかし、理想と現実の間にはギャップが生じます。

 

その理由の一つが、外的要因が大きく影響するという事です。

開業前はご自身が描いたビジネスプランを元にご自身が活動する事が主ですが、実際にビジネスがスタートすると、リアルの世界で外部環境と向き合う事になります。

すると、

「当初見込んでいたマーケットと違う」

「お客様がなかなか来ない」

「経費が思った以上にかかってしまう」

という事があります。

 

しかし、これは良くあることです。

机上での話とリアルでの話はギャップがつきものなのです。

大切な事は、そのギャップをいかにして埋めるのかという事です。

 

想定外の事が起こるケースはよくあります。

その時にその想定外のケースにどう向き合うのかが大切なのです。

うまくいかない要因に誠実に向き合い、その要因を修正して、再発防止に努めながら更にブラッシュアップを重ねる事が必要なのです。

 

100%思い通りにいかない事の方が多いのです。

その時に自分とどう向き合うのかが大切です。

 

でも、うまくいかない自分と向き合うのはつらい時があるかもしれません。

 

しかし、向き合わなければ変わりません。

 

そのためには、日頃より自分と向き合う習慣をつける必要があります。

日々の振り返りをしたり、イレギュラーな事象が発生した場合にはなぜそのような事が起こったのか。そのような事が発生しないようにするためには何をしなければならないのか。

 

数値に対してもそうです。

最初はなかなか売上が確保できず、経費だけがどんどん出ていくことがあります。

でも、その事実に向き合わなければなりません。

 

数値に向き合うのはつらい時が多くなりがちですが、経営者であるからにはそこから目を背ける事は出来ないのです。

自分と向き合えるからこそ、自分そして会社が成長するのです。

 

自分と向き合う習慣を作るのは今からでも遅くありません。

 

Return Top