マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

江東区のビジネスブログ:マイナンバーのお知らせ:「通知カードの受領と個人番号カードの交付申請」編

IMG_2733

9月頃から連日といっていいほど、紙面やテレビなどのメディアで「マイナンバー」に関する情報が取り上げられています。

 

マイナンバーをなぜ導入することになったのか。

マイナンバーを導入するメリット。

マイナンバーの通知。

マイナンバーの保管・利用。

等々、いくつもの項目があります。

 

しかし、マイナンバー制度は日本で初めて導入されるものであり、分からない事の方が多いのが普通です。

 

そこで、このブログでは、マイナンバーについて少しずつ取り上げて、このブログをご覧の皆様に伝えてまいります。

 

そこで、今回は、

「通知カードの受領と個人番号カードの交付申請」です。

 

平成27年10月中旬頃より、住民票の住所地に通知カードというものが届きます。

こちらは、世帯単位で簡易書留で送付されてきます。

 

同封されているものは次の通りです。

・マイナンバーの「通知カード」

・「個人番号カード」の申請書と返信用封筒

・説明書

実際にお手元に届いた場合は同封物の確認をお願いします。

 

そして、この通知カードには、次の情報が記載されています。

・個人番号(マイナンバー12桁)

・氏名

・住所

・生年月日

・性別

通知カードは紙製のカードであり、また、身分証明書としては利用する事が出来ませんので、ご注意下さい。

 

そして、個人番号カードの交付を希望する方は、個人番号カードの交付の申請をしましょう。

 

なお、個人番号カードの申請方法にはいくつかあります。

例えば、

通知カードが送付された際に同封されていた申請書を郵送する。

スマートフォンやパーソナルコンピューターから申請する。

という方法があります。

 

なお、個人番号カードの作成料は無料ですが、再発行の場合は有料となります。

以上が、通知カードの受領から個人番号カードの交付申請までの概要となります。

 

市区町村等の人口や世帯数などによって通知カードの受領時期に差はありますが、お手元に届きましたら同封物の確認と今後の個人番号カードの交付申請手続きの方法をご検討下さい。

 

それでは、マイナンバーについては今後もこのブログでお知らせしますので、宜しくお願い致します。

 江東区のマラソンマン税理士より。

 

 

Return Top