マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「フィンテック(Fintech)の話題で出てくるブロックチェーンとは。」

ここ数年FinanceとTechnologyが融合されたフィンテック(Fintech)が話題に出ると、「ブロックチェーン」という言葉が良く出ます。

ブロックチェーンはフィンテックにとって欠かせない事というのはイメージできますが、一体どのようなものなのでしょうか。

例えば、コンピューターの中にしか存在しないビットコインが安心して取引できるように支えてきたのがブロックチェーンと呼ばれる電子的な帳簿の技術なのです。

そして、この 取引記録を一つの「ブロック」と呼ばれる単位でまとめて、新たな記録をチェーン(鎖)のように繋いで加えていき、改ざんが困難な仕組みにしているのです。

そこで、このブロックチェーンとは、通貨の送金や受け取りなどの取引データを暗号にちた情報である「ブロック」をチェーン(鎖)のように繋いで保管する仕組みの事です。

都庁そして、この仕組みは、データの改ざんが困難で、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のシステムを支える重要な技術となっています。

 

例えば、取引の関係者が、各々のパソコンなどに分散してこの記録を保存した場合、一部の利用者の記録を改ざんしても相互に記録を監視する事で改ざんや不正行為がすぐに判明します。

 

そのため、仮想通貨の取引の際には、このブロックチェーンの技術を活用して、取引の不正がないようにしているのです。

 

また、今では、仮想通貨に限らず、国外では、戸籍の記録といった行政データの保存などに利用する動きも出てきています。

 

そして、金融業界でも、このブロックチェーンの技術を活用して、顧客サービを向上し、顧客目線での利便性向上を目指しています。

 

おそらく、ブロックチェーンの技術を導入できる会社はますます増え、取引の迅速化・正確化・不正防止等の動きがより一層早まると思われます。

 

Return Top