マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「クラウドファンディングでビットコインを使って投資をする事が出来るようになってきました。」

bus0110-003 (1)

仮想通貨(暗号通貨)として流通していますが、現在は投資目的で活用されているケースが多いですが、仮想通貨の利点は決済手段が大きいです。

 

ブロックチェーンの技術を使い、普段は金融機関に払っていた決済手数料より、仮想通貨で送金をする場合の方が決済手数料が安くなるケースが多いです。

 

そして、この仮想通貨の利便性を活かそうという動きが出ていますが、実際の通貨と違うので、躊躇する方がいます。

 

色々な場面で仮想通貨の利用が浸透してくれると利用者の増加に繋がるはずです。

 

そこで、今回、クラウドファンディング仲介大手のCAMPFIRE(キャンプファイヤー)が仮想通貨であるビットコインでクラウドファンディングでの投資をできる仕組みを開発したとの事です。

 

今までもクラウドファンディングは利用されていましたが、海外向けの投資等で送金手数料が高くなり、その分だけクラウドファンディングへの投資額も減り、改善が必要な声が出ていました。

 

そこで、決済手数料を抑える事が出来る暗号通貨の登場が待ち望まれていましたが、この度、一部の仮想通貨取引所で使われる事となりました。

 

この仕組みの運用が安定し、クラウドファンディングの運営者側と利用者側で利便性が高まってくると、Readyforなどのその他の大手クラウドファンディング仲介大手も活用に乗り出し、仮想通貨のその他の取引所も運用する仕組みを開発する事になると思います。

 

今回の取り組みはお金の効率的な使い方をより一歩前に進めたものとしてより注目される事になるはずです。

 

「仮想通貨×クラウドファンディング」の掛け合わせからは、その他のビジネスモデルもいくつか生まれそうです。

 

「CAMPFIRE」

URL:

https://camp-fire.jp/

 

 

 

Return Top