マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「マルイにて、ビットコイン決済の試験導入を開始した件とマーケティングについて」

8月7日より、マルイでは、暗号通貨であるビットコインでの決済の試験的な導入を始めました。

 

ビットコイン決済は、一部の家電量販店でも導入されていましたが、マルイのような大手量販店でも新たな動きが出てきました。

 

なお、現時点では、数あるビットコイン取引所のうちの1社のウォレット口座を持つ方だけに提供されます。

 

マルイといえば衣料品店のイメージがありますが、飲食店も入っています。

 

そして、ビットコインは、既に家電量販店や飲食店でも導入が進んでいるという実績があります。

 

しかも、マルイはお客の約8割が女性です。

 

今回は試験的な導入ですが、女性客の満足度が高く、そして、関心度・拡散度が高くなると、色々な可能性が見えてきます。

 

マーケットによって、購買層は異なりますが、ビットコインという暗号通貨を決済手段として活用する事が出来る消費者層のマーケットを絞り込み、そして、そのマーケットを掴むことが出来ればビジネスの可能性が広がります。

 

暗号通貨を用いた決済はまだまだ認知度が低く浸透していない部分がありますが、逆に考えると、そのマーケットはまだ成長の余地があるという風に見る方もいます。

 

テストマーケティングのスタンスもあると思いますが、これからの広がりを見ていきたいと思います。

Return Top