マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「資金調達の心得その1:口座開設する金融機関の選定は慎重にしましょう。」

江東区内でも、他の東京都23区と同様、多くの会社新規設立しています。

そして、会社を起業する際には、経営資金をどのように調達するのかが重要ポイントの一つとなります。

自己資金をいくらにするのか。

金融機関から融資を受けるのか。

補助金や助成金を活用するのか。

必要な資金をどのように調達するのかを決めない事には、あっという間に事業が立ち行かなくなってしまいます。

 

そこで、自己資金以外での調達方法としてよく利用されているのが、やはり、

「金融機関からの借り入れ」

です。

 

金融機関には、幾つもあります。

そして、もちろん、江東区内にも多くの金融機関が営業しています。

政府系の金融機関であれば、日本政策金融公庫。

そして政府系以外では、都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合など。

 

このように、金融機関によっては、組織形態が異なり、ターゲットとする顧客や金融機関自身の預金集金方法等も異なります。

独立開業したての頃は、ついつい見栄を張って、都市銀行に口座を作る事を考える方がいらっしゃいますが、金融機関の選定は慎重にしましょう。

なぜなら、金融機関とどうおつきあいするのかは、会社の経営方針として大切だからです。

例えば、最近はインターネットバンキングを利用される会社も多く、ネット銀行が台頭してきました。

自社に合った機能性や利便性を考えて、ネット銀行を選定されるケースもあります。

また、海外送金を頻繁にするビジネスであれば、海外送金のシステムがしっかりしている金融機関を選定します。

このように、自社の経営戦略上、金融機関の選定には誤りのないようにしなければならないのです。

そして、選定するのは、自社だけでなく、金融機関側も

「審査」

という形で口座開設が可能な会社を選定します。

違法な口座開設をしたり、経済合理性から、なぜこの金融機関のこの支店を選定したのか、様々な観点から会社をチェックしている事を念頭に置いてください。

この金融機関の選定については、改めて投稿しますが、重ねてになりますが、慎重に金融機関を選ぶようにしましょう。

また、具体的に金融機関の選定で不明点等がありましたら、お気軽に弊所までお問合せ下さい。

 

Return Top