マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「ビットコインの分裂」

仮想通貨の中でも代表的なビットコインが2つに分裂しました。

そして、新しい仮想通貨として、ビットコインキャッシュが誕生する見込みです。

この分裂により、ビットコインと同じ量のビットコインキャッシュが誕生し、国内の各取引所はビットコインの保有量に応じて利用者にビットコインキャッシュを無償で付与しますが、今回の分裂に関する作業はこの投稿段階では完了していないようです。

そこで、取引所では、分裂が完了していないため、ビットコインキャッシュの取引は一定期間見送らせるという状況のようです。

 

ところで、今回の分裂が起きた経緯については、メディアでも大きく取り上げられているためご存知の方もいらっしゃると思いますが、概要としては、ビットコインの規格に反対している業者が新たな仮想通貨を創り出す事によるものです。

ビットコインには、中央銀行のような管理者がいません。

そこで、取引履歴を複数のコンピューターで記録するブロックチェーン(分散台帳)という仕組みで管理されています。

この台帳の新しいページを作るのがマイナーと呼ばれている業者で、そのマイナーが台帳を作る際に仮想通貨を受け取るのです。

そして、この「コア」と呼ばれる開発者グループが台帳サイズを変えないで書き込む文字を小さくして情報量を増やす仕組みを主張したところ、この場合は、マイナーが受け取る手数料が減ってしまうため、マイナー業者は台帳を大きくする方式を主張したところ、新たな仮想通貨として、ビットコインキャッシュが創られる事となったのです。

 

ここで、今までのビットコイン利用者側に影響が出ないよう、取引所でのビットコインの入出金を一時停止しているところがあります。

ビットコインを決済手段として活用している方や、投資目的で活用している方など、その活用方法によって新たな仮想通貨ビットコインキャッシュの使い方が異なってきます。

取引価格のこれからの推移等はもちろんいまだ分からない部分がありますが、日を追う毎に詳細が判明してくる事と思います。

Return Top